米高配当銘柄から資金流出 長期金利3%超で魅力低下

19日の米国債券市場では長期金利が一時3.09%まで上昇し、5月に着けた直近最高値の水準である3.1%台が視野に入り始めた。半面、株式市場で売りが目立ったのが高配当銘柄株だ。低金利下で債券代替投資として着目されてきた公益や通信株の魅力が低下した。

公益セクターでは、時価総額の大きいネクステラ・エナジーが前日比4.27ドル(2.5%)安の169.17ドルで取引を終えた。予想配当利回りが5%を超えるサザン・カンパニーの終値は1.09ドル(2.4%)安の43.7ドルだった。4%台の利回りがあるデューク・エナジーやドミニオン・エナジーも2%前後下げた。

通信株も軟調だ。AT&Tは0.35ドル(1.0%)安の33.37ドルで取引を終えた。配当利回りは6%近くある。9%台の利回りがあるセンチュリーリンクの終値は0.42ドル(1.8%)安の22.74ドルだった。(今田素直)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. また好調な経済指標、米の長短金利差は拡大傾向

  2. 米中間選挙、下院で民主が過半なら「金利が低下」 米投資家の見方、月次調査

  3. 証券営業の凄腕たち【Episode4】連絡の頻度から話し方まで、こだわり人一倍

  4. ドイツ景気、足元ダメだが中期の悲観和らぐ ZEW期待指数が改善基調

  5. 株価はエアバス買い・ボーイング売り 代替受注取り込みで思惑

  6. ポンド一時急落、EU離脱のメイ走いつまで

  7. 英ポンドが乱高下、英国版恐怖指数は反発 EU離脱案否決

  8. ボーイング「9.11」以来の下げ エチオピア事故、最新機種に影響広がる

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP