「日銀文学」と「日銀時間」 きょうの決定会合、無風との見方

2013年春に黒田東彦総裁が就任して以降、金融政策決定会合の結果公表時刻の平均は12時18分となっている(黒田総裁が国会出席のため中断した14年10月の会合を除く)。

16年9月の「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」導入など、重要な政策変更があった時の終了時刻は遅い。

「現状維持で展望リポートの公表なし」「現状維持で展望リポートの公表あり」「政策変更あり」の平均は、それぞれ12時2分、12時23分、13時3分だった。19日の決定会合では「現状維持」がコンセンサス。「展望リポート」の公表もなく、昼前に終わる可能性もある。(池谷信久)

過去の決定会合結果公表時刻・決定内容

 (◎は展望レポート、○は中間評価)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. ETF買い入れ「柔軟化」なら何が起きる? 銘柄変更で吹く逆風と順風

  2. どちらも地銀に恩恵? 思惑呼ぶ日銀の「柔軟化観測」と「非公式論文」

  3. スティープ化が一服、伸び悩む超長期債利回り

  4. ステルス減額?ただの微調整? ペースダウン、夏の本石砲に思惑

  5. インフレ期待度さらに低下、長期金利も上昇余地は限定的

  6. 日銀の「柔軟化」観測でむしろ日米金利差は拡大 

  7. 本石砲、発射見送り「0.3%の掟?」 ETF買い見直しの思惑と警戒

  8. 日本市場の本石砲も休みなし ETF買い年6兆円超へまっしぐら

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP