好調な市場、難しい相場 さえない米金融株、トレーディング収益振るわず

13日の米国株式市場で、金融株がさえない。JPモルガン・チェース)は一時、前日比0.41ドル(0.4%)安の112.67ドルまで下げた。終値は小幅に上昇し、0.44ドル(0.4%)高の113.52ドル。シティグループは0.36ドル(0.5%)安の70.15ドルで取引を終えた。

■JPモルガン・チェース

■シティグループ

JPモルガン・チェースのマリアン・レイク最高財務責任者(CFO)は同日の投資家向けカンファレンスで「7~9月期のトレーディング収益が減っている」と話した。米メディアが伝えた。減収率は一桁台半ばになる見通しだという。シティのジョン・ガーズパックCFOも前日のバークレイズのカンファレンスで「7~9月期のトレーディング収益は横ばいか小幅に増えている」と発言しており、米金融機関はマーケットでの収益確保に苦しんでいるもようだ。(今田素直)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 米9月の利上げ確率「99.8%」 強い雇用統計、サプライズ指数も改善

  2. 米企業決算キックオフ 2割増益の見方、貿易摩擦どこまで影響

  3. 米金融株ETFが12日続落 長期金利低下で金融株に逆風

  4. 米10年金利いよいよ3%目前 ドルも全面高、108円後半 【US Dashboard】

  5. 米金利低下・金融株売りに透ける薄気味悪さ 強まる貿易紛争の横風

  6. 日経平均は乱高下 市場はこう見た安倍3選の「来し方行く末」

  7. 相場転換点の「サインはVI」 日経平均、上昇基調入りも

  8. 米高配当銘柄から資金流出 長期金利3%超で魅力低下

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP