勢い鈍ったか半導体景気 SOX連日下落、日本株への警戒感じわり

年初から好調だった半導体株が、このところ気になる動きを見せている。12日の米国市場ではフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は1.16%下落し、連日で下落率は1%を超えた。

日経平均株価とSOX指数は他の指数に比べて連動性が高い。8月以降の日経平均とSOX指数の相関係数は0.75。ダウ工業株30種平均(0.55)やナスダック総合指数(0.66)に比べると相関が高い。前日には「半導体株の下げをみると体感的に日経平均の下げはもっと大きくても不思議ではない」(投資顧問)との声さえもれた。


半導体製造装置のアプライド・マテリアルズは8日続落。終値は前日比0.79ドル(2.0%)安の38.39ドル。ラムリサーチも5.03ドル(3.2%)安の150.37ドルで取引を終えた。ともに一時4%安になった。メモリーのマイクロン・テクノロジーについて、ゴールドマンサックスが投資判断を引き下げたのが半導体需要への先行き懸念を高めた。マイクロンの終値は前日比1.86ドル(4.3%)安の41.74ドル。一時は6.7%安まで下げた。米国株の流れが東京市場に波及すると、さらなる心理悪化は避けられない。(中山桂一、今田素直)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 恐怖指数の連鎖高、貿易不安が世界拡散 日本も欧州も米ハイテクも火の粉

  2. SOX指数が7日続伸 マイクロンやエヌビディアなどけん引

  3. 先物主導で節目回復を演出したのは海外勢 9月第2週

  4. 株、海外勢が先物中心に買い越し 8月第5週

  5. 米中紛争まずは「法廷編」 半導体に販売中止の仮命令、マイクロンなど大幅安

  6. NT倍率が歴史的な高水準 通商摩擦懸念で透ける防御の心理

  7. ドルインデックス上昇、ドル高・株高の流れに戻るか

  8. 米1強、消去法で買われた日本株 「27年ぶり」が突きつける現実

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP