ウエアラブル戦国時代 フィットビット大幅安、アップルウオッチが脅威に

12日の米市場でウエアラブル端末を手掛けるフィットビットが4日ぶりに大幅反落した。前日比6.90%安の5.53ドルとなった。この日はアップルが新製品の発表会を開催。その中で新型の「アップルウオッチ」の投入も公表した。機能面では心電図の記録が可能になり、転倒の検知機能も実装するなど健康管理機能を向上させた。このためフィットビットの製品がシェアを奪われるリスクが株式市場で意識されると、同社の株に売りが膨らんだ。(岩切清司)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. アップルのアノマリー、今年は? 新製品発表後に強含む株価、相場けん引も

  2. 今度はアップル、T砲「米国生産」の圧力で株価に不透明感

  3. Aの次もA 1000000000000ドルへのラストワンマイルと、そこから

  4. FANGよりWANG 「W」はネットとリアルの融合効果が出始めたあの老舗

  5. 巨人の進撃、超大台への足取り

  6. アップル、あと5.55ドル 好決算と新機種で1兆ドルへGOGOGO

  7. アップルが3日続落 米中の貿易紛争懸念で先行きに不透明感

  8. アップル・アマゾン最高値 大型IT株と金融環境指数の深い関係 

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP