【Art Market Review】五木田智央、抽象的な大型作品が内外で人気

今回は近年、国内外で高い評価を得ている五木田智央(ごきた・ともお、1969~)をクローズアップする。人気のロッカクアヤコ(1982~)とともに今、勢いがある作家だ。なかでも抽象的モチーフの大型作品の価格上昇が顕著で、1000万円の大台に達する作品もある。

五木田はイラストレーター出身のアーティストで、雑誌などのイラストを制作していたが近年では絵画を中心に美術館やギャラリーでの個展などで作品を発表している。今年は1月に香港、4月に東京、9月にロサンゼルスで個展を開催するなど国内外での評価が高まっている。

作風は90年代にはドローイング作品が注目されていたが、近年はモノクロームのグラデーションで描かれた人物をモチーフにした作品と、抽象的な表現をモチーフにした作品を多く描いている。

7月に開催されたSBIアートオークションのセールには、版画1点を含む3点が出品された。ともに2008年制作の60.5cm×45.7cmの2点組の抽象画の版画「Uncovering method」「Weight sensation」は落札予想価格50万~80万円に対し、97万7500円で落札。2011年制作のキャンバスにアクリルグアッシュでペイントされた中型(53.0cm×72.7cm)のモノクロームの抽象画「A Bud」は250万~350万円の落札予想価格に対し、落札価格は460万円となった。

そして、2009年制作でキャンバスにアクリルでペイントされたブルーを基調にした大型の抽象画「Paraiso 楽園」(194.0cm×194.0cm)は、落札予想価格600万~1000万円のところ1207万5000円で落札され、すべての作品が予想価格の上限を大きく上回る落札価格となった。

 五木田の作品は市場での出品数は多いとは言えないが、今回出品されたような抽象的モチーフで1辺が100cmを超える大型作品の直近3年間の値動き(パフォーマンス指標)を見てみると、大きく相場が動いていることが分かる。2016年は1点の出品で115万円での落札だったが、2017年においては平均落札価格が816万円に急上昇し、2018年は1000万円を超えてきた。

五木田の作品は先述の通り、人物モチーフと抽象的な表現をモチーフにしたものに大別できる。人物モチーフの作品の方がよりメジャーで、相場も抽象的なものより先行して高値で推移しているが、それに追従する形で抽象的なモチーフの作品の相場も上がってきた。また今回のSBIセールでは版画作品も出品されている。今は手にしやすい版画作品も、今後はオリジナル作品に追従する形で価格帯が上昇していくのか注目される。(月1回配信します)

(参考)7月のSBIアートオークション Modern and Contemporary Art, No. 28 出品数426点、うち落札数360点  落札率=84.5% 落札総額=3億3272万3750円
 

 ※アート・コンサルティング・ファーム提供  ⇒リポート全文はこちら

SBIアートオークションの次回開催は10月27日、11月3日。どちらのオークションにも五木田智央の作品が出品される予定

関連記事

  1. 【 Art Market Review 】注目の新鋭ロッカクアヤコ、1000万円超えも

  2. 【 Art Market Review 】世界的に人気の奈良美智、落札価格が急上昇

  3. 【 Art Market Review 】ポップアートの巨匠ウォーホル、代表作は不動の人気

  4. 新コラム【 Art Market Review 】 草間彌生のエッチング、予想価格を上回る落札額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP