米長期金利3%に再接近 強すぎる雇用、インフレ懸念は  【US Dashboard】

11日の米債券市場で10年物国債利回りは、一時2.98%と8月上旬以来の水準に上昇した。米株式相場の上昇や国債の入札が3年債(11日)、10年債(12日)、30年債(13日)と続くことが背景にある。良好な経済指標の発表も金利上昇を後押しした。

この日発表された7月の雇用動態調査(JOLTS)で非農業部門の求人数は693万9000件となり、2000年12月の統計開始以来で最高となった。雇用環境は良好で7日に発表された8月の雇用統計では、平均時給の伸びが2.9%と2009年6月以来の高水準を付け、インフレへ懸念がくすぶり始めている。13日(日本時間13日21時30分)に発表される8月の米消費者物価指数(CPI)が強い結果となれば、10年債利回りは3%台を回復する可能性がある。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. 「嬉しくない」で金利もドルも⤵ T砲介入、夏バテも夏休みもなし

  2. 決戦は木曜日 物価上昇が鮮明な米、利上げ年4回の見方増える

  3. まちまちの米指標、3月雇用統計に注目高まる

  4. ベージュブック、物価判断上げ 雇用統計で波乱再び?

  5. 【朝イチ便利帳】21日 8月の全国CPI、スーパー・百貨店売上高 米PMI

  6. 【朝イチ便利帳】 7日 自民党総裁選が告示、8月の米雇用統計

  7. 安値に沈む3メガ銀 深まる憂鬱、内と外の「C」

  8. 【朝イチ便利帳】22日  5月のCPI、三菱マテやSUBARU株主総会

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP