新興国版VIXが高止まり 募る不安、通貨も株も

6日の米国市場で新興国株に連動する「iシェアーズMSCIエマージングETF」が41.48ドルまで下げ、8月15日に付けた年初来安値(41.13ドル)に迫る場面があった。この日は0.09%高で小反発して終えたが、トランプ政権が週内にも2000億ドル規模の中国製品に対して追加関税措置を発動するのではないかとの警戒感で新興国株が弱い流れを反映する展開だった。

(QUICK FactSet Workstationより)

エマージング版恐怖指数として知られるCBOE新興国市場ETFボラティリティ・インデックス(VXEEM)は3日ぶりに反落して2.73%安の22.08で終えた。一時は23.48まで上昇し、終値ベースで投資家心理の不安感を示すとされる20を上回って終えた。VXEEMは8月30日以降、終値ベースで20を上回って高止まりしており、恐怖指数のVIXが14台で低い水準にあるのと比べて新興国株に対する投資家心理の不安感が示されている。(片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントおよびQUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 新興国ETFからの流出20億ドル超 「中銀週間」、ドル高が逆風

  2. ECB「半分ハト派」でも新興国売り 低金利継続が呼ぶドル高圧力じわり

  3. 南北閣僚級会談中止、韓国ETF売られる 

  4. 日経平均は乱高下 市場はこう見た安倍3選の「来し方行く末」

  5. 相場転換点の「サインはVI」 日経平均、上昇基調入りも

  6. 米高配当銘柄から資金流出 長期金利3%超で魅力低下

  7. やはり始まった? 中国の米国債売り 貿易戦争は金融摩擦のステージへ

  8. 4日で1000円↗ 日経平均、年初来高値が視野に 海外勢と個人どう動いた

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP