株、海外勢が先物中心に買い越し 8月第5週

東証が9月6日に発表した8月第5週(8月27~31日)の投資主体別売買動向 (東証、名証2市場の合計)によると、海外投資家は現物ベースで5週ぶりに買い越した。現物と先物(TOPIX、日経225ラージ+ミニ合計)を合算した総額ベースでは2週連続で買い越した。

一方、個人投資家は現物・信用でともに2週連続で売り越した。総額ベース(現物+先物)でも2週連続で売り越している。

(QUICK特設サイトより)

北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉の進展期待など過度な警戒感がやや和らいだことで機関投資家のリスク許容度は高まっているとみられる。半面、日経平均株価で2万3000円に接近すれば売りが上値を抑えるレンジ相場が続いていることが、個人投資家の動きを鈍くしているもよう。新興市場では東証マザーズ指数が8月安値から半月で1割以上戻した動きとは対照的に、主力株への物色意欲は盛り上がりを欠いているようだ。

(山口正仁)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 先物主導で節目回復を演出したのは海外勢 9月第2週

  2. NT倍率が歴史的な高水準 通商摩擦懸念で透ける防御の心理

  3. 株、海外投資家は大幅売り越し 12週連続で合計は9.4兆円

  4. 日本株、日銀の買いを上回る海外勢の売り 企業の「110円想定」にため息も

  5. 勢い鈍ったか半導体景気 SOX連日下落、日本株への警戒感じわり

  6. ETF買い入れ「柔軟化」なら何が起きる? 銘柄変更で吹く逆風と順風

  7. ドルインデックス上昇、ドル高・株高の流れに戻るか

  8. 米1強、消去法で買われた日本株 「27年ぶり」が突きつける現実

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP