外為市場の透明性向上へ「行動ルール普及を」 QUICKセミナー

QUICKはこのほど、東京都内で「外国為替セミナー」を開いた。金融機関や事業会社の担当者80人が参加し、日銀と東京外国為替市場委員会が普及を目指す外為業務の統一ルール「グローバル外為行動規範」について理解を深めた。

日銀為替課長の廣瀬敬久氏と東京外国為替市場委員会議長の星野昭氏(三菱UFJ銀行シニアフェロー・金融市場部共同部長)が基調講演した。

廣瀬氏はこの1年で世界の多くの市場参加者が行動規範の遵守を表明したことなどを説明。今後も各国・地域の中央銀行と民間の外為市場委員会が一体となって、幅広い市場参加者への働き掛けを続けていきたいと強調した。

星野氏は市場の流動性を高めるため、規則を厳しくするだけでなく行動の推奨例を示すことで、「過去1年間に幅広い投資家や企業からの賛同を集めてきた」と述べた。その上で同規範に賛同する企業を増やすことで、市場の公平性を一層高めていきたい」と呼びかけた。

東京外国為替市場委員会の星野議長(三菱UFJ銀行シニアフェロー・金融市場部共同部長)

パネルディスカッションでは運用会社からみた外為行動規範について、野村アセットマネジメントの大熊貴之シニアトレーダーは、行動規範に賛同を示すことで「顧客や市場からの信頼を得ることができる」と話した。また、バークレイズ銀行の大澤孝元・市場営業本部長は「今後、超高速取引(HFT)業者などにも賛同を呼びかけ、公正な市場をつくる必要がある」と課題を示した。EBSディーリングリソーシスジャパンの大木一寛リージョナル・セールス・マネージャーは「様々な工夫を重ねて適正なベンチマーク(取引指標)の提供に努めている」と話した。

写真左からEBSディーリングリソーシスジャパンの大木氏、野村アセットマネジメントの大熊氏、バークレイズ銀行の大澤氏、日経ヴェリタスの小栗氏

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

関連記事

  1. 相場の微かな変化を見抜く by 花井健氏(シリーズ:ベテランに聞く)

  2. トルコリラ急落から何を学ぶか by 小林芳彦氏(シリーズ:ベテランに聞く)

  3. トルコ危機どこまで延焼、ミセスワタナベ暑すぎる夏 

  4. リラ買いシナリオは本物か 再選トルコ大統領への「安心半疑」

  5. トルコリラ最安値、逆張りミセスワタナベも我慢の限界?

  6. 【アルゴウオッチ】起点はリクルート報道 円安・ドル高の勢い復活

  7. トルコリラ、過去最安値を更新

  8. 個人、ドル円で利益確定を継続 買い建玉が2週連続で減少

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP