止まらぬ株高、下がらぬVIX 「4度目」が警告する不都合な先行き

リーマン・ショックからちょうど10年になるのを前に不吉な兆候が見えている。

28日の米国株式市場で恐怖指数のVIXが続伸し、2.79%高の12.50で終えた。VIXの上昇は、今後30日間でS&P500指数が上げるよりも下げる方に見込むオプション取引が多いことを意味する。通常は下げ相場でVIXが上昇する傾向にある。投資家心理の不安感を示すとされる水準の20にはまだ遠いとはいえ、S&P500が連日で史上最高値を更新する上げ相場でVIXも上昇する現状は警戒されそうだ。

(QUICK FactSet Workstationから)

投資アドバイスを手掛けるJ.ライオンズ・ファンド・マネジメントの28日付のブログによれば、S&P500が強いのにVIXが余り下がらなかったのは過去20年で3回あった。具体的には①1999年12月~2000年3月、②2007年4月~10月、③2014年12月~2015年2月――の時期という。そして、その次の年のS&P500の平均リターンはマイナス11.3%。株式市場には非常に不都合なシグナルといえる。ブログでは「中期的に過去3回は株式市場の調整のシグナルとなっていた。短期的には即時性の高いものではなかった。しかし過去20年間の動きを踏まえると、最終的には正確な警告だった」と、今後の弱気相場の到来の可能性を指摘している。(片平正ニ)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 関税ショック VIXが4カ月ぶり20台、日経平均2万円割れの声も

  2. 最高値に迫る米株、恐怖指数が半年ぶり低水準 VIX先物はショート拡大

  3. スキュー指数が2カ月ぶり低水準、反動高に警戒か

  4. 米中緊張も緩和方向 GSのバロメーター▬▭▭▭▭  取り残される日本株……

  5. 原油また急落 WTIとS&P500の強い相関に警戒モード

  6. 米株高と金利高は持続か ビックリ王と新債券王の相場カン

  7. 歪みにくくなった?スキュー指数 S&P500と「連れ安」で5ヵ月ぶり低水準

  8. 株高の陰で進む波乱への備え 低リスク株選好、「ゆがみ」も増幅

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP