米長短金利差11年ぶり低水準 2-10年で20bp割れ視野

23日の米債市場で2年債と10年債の利回りスプレッドが縮小した。QUICK FactSet Workstationによれば2-10年スプレッドは21.85bpとなり、前日(22.12bp)から縮小。2007年7月以来、約11年ぶりの低水準を付けて20bp割れが視野に入った。

米連邦準備理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長が24日に米ワイオミング州ジャクソンホールで講演を行うのを前に、フラットニングの流れが続いた格好。政策金利との連動性が高い2年債利回りが高止まりする一方、この日は米中の貿易紛争懸念から10年債は横ばいだった。S&P500が史上最高値圏にある一方、長短金利差が縮小している状況からは景気鈍化リスクが示されている。(片平正ニ)

 

米2-10年債の利回りスプレッド(15年チャート)
(QUICK FactSet Workstationより)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 米長短金利差いよいよ20bp割れ 一方で債先ショートは最大

  2. 米長期金利3%の攻防 今度の滞空時間は 【US Dashboard】

  3. 米中貿易問題が重い銅と大豆、銅と大豆で重たい米長期金利

  4. 貿易戦争に一喜一憂 誘惑の成長株か妙味の割安株か

  5. 米10~30年債スプレッドが1ケタに縮小 11年ぶり低水準

  6. 米金融株ETFが12日続落 長期金利低下で金融株に逆風

  7. アップル・アマゾン最高値 大型IT株と金融環境指数の深い関係 

  8. トルコリラまた安値更新、公募債の為替差損も拡大 どうするミセスワタナベ

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP