米中貿易問題が重い銅と大豆、銅と大豆で重たい米長期金利

国際商品の総合的な値動きを示すロイター・コアコモディティーCRB指数(グラフ赤)が、今月15日におよそ8カ月ぶりの低水準を付けるなど下落基調が続いている。

米中貿易摩擦への警戒感が高まった6月以降、商品市況の中でも特に下げが目立つのが銅(点線グラフ緑)と大豆(点線グラフ黒)だ。幅広い分野に使われる銅は景気の先行指標と言われ、主要需要国である中国の景気悪化が懸念されている。中国は米産大豆の6割を輸入しており、7月にはその米国産の大豆に25%の追加関税をかけた。

賃金上昇が加速しない状況では、インフレ期待は商品市況次第の面があり、米長期金利(グラフ青)とCRB指数の連動性は高い。米長期金利が再び3%台に向けて上昇するには、米中貿易問題が収束に向かい、商品市況が回復する必要があるとの見方ができる。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 米長期金利、引け前の急上昇 仕掛人はリスク・パリティ・ファンド

  2. 米金利上昇で注目のイールドスプレッド 日本は?

  3. 米金利上昇、景況感と消費の「2段ロケット」 原油高でエンジン燃焼パワーアップ

  4. 米利上げ、市場の織り込みは▲1回 FF先物の水準が示唆

  5. 「America Omedeto Again!」 株最高値、雇用も景況感も翳りなし?

  6. 米長期金利3%の攻防 今度の滞空時間は 【US Dashboard】

  7. 米長短金利差11年ぶり低水準 2-10年で20bp割れ視野

  8. 貿易戦争に一喜一憂 誘惑の成長株か妙味の割安株か

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP