投機筋ついにユーロ売り越し トルコ余波、半端ないドル一強

米商品先物取引委員会(CFTC)の投機ポジション(14日時点)でユーロが1789枚のネットショートとなった。ユーロの投機ポジションがショートとなるのは2017年5月2日以来、1年3カ月ぶりのこと。トルコと米国の対立が激化したことで13日、トルコの通貨リラの対ドル相場が1ドル=7.2362リラに急落。史上最安値を更新するなか、ドル高・欧州通貨安の流れを受けてユーロ売りが活発化した格好だ。

豪銀大手オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は20日付のリポートで、CFTCの為替ポジションを踏まえて「レバレッジド・ファンドとアセット・マネジャーズらは2週続けてドルを買い越した」と指摘した。ドルの買い越し規模は前週比で5億ドル増の303億ドルに膨らんだといい、2015年11月以来の高水準に達したという。米中の貿易紛争懸念が残るなか、ドル指数が強含んでいることと整合的な動きとみられる。
なお、リポートでは「今週はFOMCの議事要旨のほか、ジャクソン・ホールでパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演が週末に開かれるため、短期的なポジショニングを占う上で重要なものになるだろう」と指摘した。(片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 原油先物 逃げる投機筋、しぼむ先高観

  2. 投機筋じわりポジション縮小 原油は利益確定、ドル円は円買い建玉減らす

  3. 原油高、終わりの始まり? CTAの買いがリーマン前水準に膨張

  4. WTI急上昇 投機筋の買い持ち2週ぶりに縮小

  5. 強弱まちまち米雇用統計、金融政策に大きな影響なしとの見方

  6. 個人、ドル円で利益確定を継続 買い建玉が2週連続で減少

  7. 投機筋、ついに円買いに転じる ポジションは縮小

  8. 個人、早くも利益確定 投機筋の円売りポジションに拡大余地との指摘も

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP