もはや「トルコ戦争」 跳ね上がるCDS、リラ急落に連動

週明けのアジア市場でトルコリラ売りが再開された。外国為替市場では一時、1リラ=15円台に突入。対ドルでは1ドル=7リラ台にまで下落した場面もあった。通貨の下落は次第にトルコの信用リスクへと形を変えつつある。

QUICK FactSet Workstationによると前週末時点のトルコの1年物クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は289にまで上昇。2月に50前後で推移していた水準と比べ5.8倍にも達する。国際金融システムに影響が波及するとの見方は乏しいものの、スペインといった一部の欧州金融機関については不安ももたげる。世界的に投資家心理の重荷となりそうだ。

12日付の英フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版は「エルドアン大統領がトルコ経済を落とそうとしている外国を攻撃しているが、通貨リラの下落を止める緊急計画の兆候は見られない」と報じた。エルドアン氏は10日付の米紙ニューヨーク・タイムズ電子版に「トルコはアメリカとの間の危機をどう見ているか」と題する論文を寄稿し、トランプ政権に対して同盟が危機に直面していると指摘したほか、「トルコは他の友好国、同盟国を模索する」として米国以外の国との連携を強化する方針を示唆していた。

FT紙によれば、エルドアン氏は12日に諸外国を批判。与党幹部との会合では「この嵐の原因は難だ?」と足元のリラ安について述べつつ、「経済的な理由はない、トルコ戦争だ」と指摘したとのこと。記事の中では市場関係者の見方として、リラは1ドル=10リラに向かうだろうと指摘していた。(岩切清司、片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 犠牲祭よりリスクオン祭 トルコリラ安は「取るに足らない」動きか

  2. 投機筋ついにユーロ売り越し トルコ余波、半端ないドル一強

  3. ドル高の圧力、トルコ一服でさらに 逆相関の金も1年半ぶり安値

  4. 「盾突く国」を狙い撃ち 進むドル高、新興国通貨安もう一つの読み方 

  5. トルコ危機どこまで延焼、ミセスワタナベ暑すぎる夏 

  6. 20円・20%の攻防 強権と制裁のトルコ売り、どうにも止まらない

  7. トルコ「トリプル危機」 リラ最安値、長期金利18%台、株はリーマン時水準

  8. 金利リスクに敏感、高利回り債ETFの空売り増加 【US Dashboard】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP