20円・20%の攻防 強権と制裁のトルコ売り、どうにも止まらない

トルコリラが下落、最安値を更新している。対円でも19.93円をつけ、20円割れの攻防となっている。

トランプ政権による対トルコ制裁実施から1週間をすぎたものの、状況は打開できないままだ。金利は20%前後と日本では想像しがたい水準。牧師拘束問題をめぐって8日にはワシントンで米国とトルコの高官協議が開催されたものの、不調に終わったことで失望感が強まったようだ。(丹下智博)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 米・トルコきな臭さ再び リラ急落、ETFは10%安 ゴラン高原問題で

  2. トルコリラ一服 牧師・経常収支ひとまず解決、あとは高インフレ

  3. トルコリラ、対円で3カ月ぶり高値 利下げでも翌日物金利は下がらず

  4. 強権大統領の「圧」に屈するトルコ中銀 前総裁クビ、今度は利下げ濃厚

  5. CTAのドル売り拡大、対円で顕著に 米景気懸念で作戦変更

  6. トルコリラ、戻らぬ「空売り」 ミセスワタナベが買い再開

  7. トルコリラ下落、エルドアン氏の利下げ圧力意識 FX買い後退

  8. 平成・危機の目撃者➓ E・ユルマズが見た「トルコショック」(2018)

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP