仮想通貨に「客観的な指標の必要性」 研究会報告、QUICKがBC4社の平均算出

昨年から今年前半にかけ急騰・急落を演じた仮想通貨。価格の正当性などいくつかの問題が浮上した中、個人や企業から仮想通貨に係る価格水準や市場動向を把握するためのベンチマークに対するニーズが出ている。これを受けQUICKが主催する「仮想通貨ベンチマーク研究会」は3月~6月にかけて仮想通貨交換業者や金融商品、会計、法律の専門家などと議論を重ね、8月に報告書をまとめた。

最も基本的なニーズは、法定通貨と仮想通貨の交換レート。代表的なビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)については、リップルのような一部の仮想通貨を除いて「日本円との交換レートよりもビットコイン、テザーおよび米国ドルとの交換レートに対してベンチマークに係るニーズがあると考えられる」という。

そのうえで「アルトコイン以外にも資金調達目的のICOトークンや資金調達目的以外のユーティリティトークンなど幅広い多様な仮想通貨・トークンが多数発行されていくことが見込まれる」とした。金融取引用のベンチマークについては「取引可能性」や「価格操作耐性」といったより高度な頑健性が必要との認識でも一致した。

QUICKではビットコインの円建て価格でbitFlyer、BTCBOX、QUOINE、Zaifの4社平均を算出している。

QUICK CRYPTO LABのトップページ

(QUICK News Line)

関連記事

  1. ビットコインに先安観再び 下値メドは5000ドル? オプション取引が示唆

  2. ビットコインが6%安 ツイッターも広告規制準備か

  3. ビットコイン、1カ月ぶり安値 グーグル・米議会・G20 が規制強化の動き

  4. MTGOXの破産財団、ビットコインなど430億円売却 さらに2000億円分も

  5. ビットコイン一段安 マウントゴックスによる処分か

  6. ビットコイン急落 米SECが警告声明、取引所バイナンスでは詐欺被害か

  7. 仮想通貨取引所のZaif、ビットコイン先物取引を終了すると発表

  8. ビットコイン、1万ドル割れ SECがサイト運営者を提訴の情報

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP