英利上げでポンド乱高下 会合後に買い、会見で売り EU離脱の行方懸念

英イングランド銀行(中央銀行)は2日、政策金利を0.25%引き上げて年0.75%にすると発表した。発表直後、英ポンドは買われ、1ポンド=1.31ドル台に上昇した。しかし、カーニー総裁が記者会見で、19年3月に予定される英国の欧州連合(EU)からの離脱に伴う不透明感に言及し、今後の追加利上げが緩やかになると慎重な姿勢を示すとポンド売りが優勢になり、1.30ドル台前半と約2週間ぶりの水準まで下落した。(池谷信久)

 

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. ポンド一時急落、EU離脱のメイ走いつまで

  2. 英ポンドが乱高下、英国版恐怖指数は反発 EU離脱案否決

  3. 日本株、灯っていた超異例の下げ過ぎシグナル 裁定取引残が「マイナス」

  4. 証券営業の凄腕たち【Episode5】若手ならではの視点で企業経営者の懐に

  5. アルゴ勢とっくに「Brexit」 2年前からポンドの優先度引き下げ、備えはむしろ日銀緩和への思惑

  6. FF金利見通し、FRBと市場とのギャップ

  7. 9月優待、注目は私鉄🚋🚃🚄🚊 利回り高め、株価堅調組も

  8. サウジ攻撃で原油版恐怖指数が急騰 影響はアラムコのIPOにも

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP