米GDP、4年ぶりの高成長も「ピークに近い」

27日に発表された2018年4~6月期の実質国内総生産(GDP)は、前期比年率換算で4.1%増だった。1~3月期の2.2%から大幅に加速し、約4年ぶりの高い成長率となった。市場では「個人消費は1~3月期が0.5%増まで下方修正されたが、4~6月期は4.0%増と相当な伸びが見られた。ただ、年率換算すると現在は2.3%と、過去3年間の平均である2.6%は下回る水準となる。設備投資は7.3%増と堅調。輸出はGDPの伸びに対し1.1ポイント寄与し、2013年10~12月期以来の高水準となった。4~6月期が今回の景気サイクルのピークに近いと考えている。目先は引き続き好景気が続くと思われるが、来年以降は成長が鈍化すると予想している」(BNPパリパ)との指摘が出ている。(岩切清司)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. 投機筋ついにユーロ売り越し トルコ余波、半端ないドル一強

  2. トップは働き過ぎと睡眠薬に要注意 テスラ騒ぎで見えた懸念と教訓

  3. ステルス減額?ただの微調整? ペースダウン、夏の本石砲に思惑

  4. FANGよりWANG 「W」はネットとリアルの融合効果が出始めたあの老舗

  5. テンセント・ショック、それでもアナリストは強気

  6. ドル高の圧力、トルコ一服でさらに 逆相関の金も1年半ぶり安値

  7. 「盾突く国」を狙い撃ち 進むドル高、新興国通貨安もう一つの読み方 

  8. トルコ危機どこまで延焼、ミセスワタナベ暑すぎる夏 

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP