金利リスクに敏感、高利回り債ETFの空売り増加 【US Dashboard】

米国市場でハイイールド債ETFの空売りが増えている。平均売買高に対しても空売りが多い傾向にあるといい、米国みずほ証券の石原哲夫USマクロストラテジストは25日付のリポートで「金利リスクも含めたトータルリターンのヘッジとして空売りが行われている。これまでは、金利リスクをヘッジする参加者はほとんどなかったもよう」と指摘している。

これまで、iシェアーズ・iBOXX $ ハイイールド社債ETFなどのハイイールド債ETFの空売りが増えている背景には、①米国債利回りの上昇に伴いハイイールド債ETFへの需要が薄れる、②恐怖指数のVIXの急騰など市場が急変する際、流動性が低いハイイールド債の価格が急落する恐れがある――ことなどが原因とみられていた。

石原氏は「主要ハイイールドETFの空売りはクレジットサイクルの転換の予兆ではなく、主に金利リスクを含めたヘッジニーズを反映していると思われる」と指摘。「従来、ヘッジといえば信用リスクを取引するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)や株式指数オプションが多用されていたが、いずれも金利リスクはヘッジできない。今やハイイールド市場参加者も金利リスクに敏感になっている」という。(片平正ニ) 

<iシェアーズ・iBOXX $ ハイイールド社債ETFの空売り残高>

※QUICK FactSet Workstationより作成

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

 

関連記事

  1. もはや「トルコ戦争」 跳ね上がるCDS、リラ急落に連動

  2. VIXひとけた再突入目前 7ヵ月ぶり水準、米株なお先高観

  3. クルマ版貿易戦争、株価は米国勢ひとり勝ち 欧州大手は軒並み苦戦

  4. イタリア国債に売り続く 政治不安なお、再び頭もたげる銀行問題

  5. ブラックスワン指数が1カ月ぶり高水準 米金利上昇、VIXも高い 【US Dashboard】

  6. VIX、一時3カ月半ぶり低水準 アップルと雇用統計で地合い改善

  7. VIXが5日続落で1か月ぶり低水準 シリア攻撃後、世界同時株高の流れ 【US Dashboard】

  8. スキュー指数が2カ月ぶり低水準、反動高に警戒か

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP