金利リスクに敏感、高利回り債ETFの空売り増加 【US Dashboard】

米国市場でハイイールド債ETFの空売りが増えている。平均売買高に対しても空売りが多い傾向にあるといい、米国みずほ証券の石原哲夫USマクロストラテジストは25日付のリポートで「金利リスクも含めたトータルリターンのヘッジとして空売りが行われている。これまでは、金利リスクをヘッジする参加者はほとんどなかったもよう」と指摘している。

これまで、iシェアーズ・iBOXX $ ハイイールド社債ETFなどのハイイールド債ETFの空売りが増えている背景には、①米国債利回りの上昇に伴いハイイールド債ETFへの需要が薄れる、②恐怖指数のVIXの急騰など市場が急変する際、流動性が低いハイイールド債の価格が急落する恐れがある――ことなどが原因とみられていた。

石原氏は「主要ハイイールドETFの空売りはクレジットサイクルの転換の予兆ではなく、主に金利リスクを含めたヘッジニーズを反映していると思われる」と指摘。「従来、ヘッジといえば信用リスクを取引するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)や株式指数オプションが多用されていたが、いずれも金利リスクはヘッジできない。今やハイイールド市場参加者も金利リスクに敏感になっている」という。(片平正ニ) 

<iシェアーズ・iBOXX $ ハイイールド社債ETFの空売り残高>

※QUICK FactSet Workstationより作成

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

 

関連記事

  1. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  2. 証券営業の凄腕たち【Episode3】何度も対話、顧客回り5年半で地球9周分

  3. 恐怖の目安は「20」より「17」 VIX急騰もう一つの読み方 

  4. 7月の50bp利下げに否定的 FRBのMr.ハト派の発言、思惑呼ぶ

  5. 関税ショック VIXが4カ月ぶり20台、日経平均2万円割れの声も

  6. VIX、溜まる急騰マグマ 先物ショート18万枚超の最高水準

  7. 最高値に迫る米株、恐怖指数が半年ぶり低水準 VIX先物はショート拡大

  8. 英ポンドが乱高下、英国版恐怖指数は反発 EU離脱案否決

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP