好決算「グーグル」最高値 証券会社は相次ぎ目標引き上げ

24日の米国市場で米検索大手グーグルの親会社であるアルファベットが大幅続伸し、前日比3.89%高の1258.15ドルで終えた。一時は1275.00ドルまで上昇して上場来高値を4営業日ぶりに更新し、上昇率が5%を超える場面があった。


アルファベットは23日の大引け後に好決算を発表し、23日の時間外取引でも大幅高となっていた。好決算を受けて野村インスティネットは24日付のリポートで、投資判断の買い、目標株価1400ドルを維持した。事業ポートフォリオで、広告事業以外でネットワーク経由で情報サービスを提供する「クラウドコンピューティング」が重要な役割を果たし続けていることなどを高評価していた。

24日には各社から目標株価を引き上げるリポートが相次いだ。QUICK FactSet WorkstationによればJPモルガンは1440ドル、ドイツ銀リサーチは1350ドル、モルガン・スタンレーは1325ドル、クレディスイスは1375ドル、UBSは1400ドル、ゴールドマン・サックスは1450ドルへと引き上げた。最も目標株価が高いサスケハナ・フィナンシャルに至っては1250から1500ドルへと大きく引き上げていた。(片平正ニ)

 

 

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

 

関連記事

  1. 【朝イチ便利帳】23日 MSOLが新規上場、アルファベット決算

  2. 投機筋ついにユーロ売り越し トルコ余波、半端ないドル一強

  3. トップは働き過ぎと睡眠薬に要注意 テスラ騒ぎで見えた懸念と教訓

  4. ステルス減額?ただの微調整? ペースダウン、夏の本石砲に思惑

  5. FANGよりWANG 「W」はネットとリアルの融合効果が出始めたあの老舗

  6. テンセント・ショック、それでもアナリストは強気

  7. ドル高の圧力、トルコ一服でさらに 逆相関の金も1年半ぶり安値

  8. 「盾突く国」を狙い撃ち 進むドル高、新興国通貨安もう一つの読み方 

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP