日銀の「柔軟化」観測でむしろ日米金利差は拡大 

日銀の「長期金利目標の柔軟化」報道を受けて荒れ模様となった23日の金融市場。長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは前週末比0.050%高い0.080%で取引を終え、日銀の緩和縮小が為替の円高をもたらすことを警戒する向きもいる。ただ、日本の金利上昇の影響もあって23日の米10年金利は前週末比0.063%高い(価格は安い)2.958%で終えた。結果的に日米の長期金利の差は拡大した。

日米金利差の縮小を見越して一時売られたドルも反発し、再び1ドル=111円台で推移。米国のファンダメンタルズの強さや日米金融政策の方向性を踏まえると、「多少円高に振れても、大幅な円高・ドル安は想定しにくい」(アナリスト)とみる向きが多い。(池谷信久)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. ステルス減額?ただの微調整? ペースダウン、夏の本石砲に思惑

  2. インフレ期待度さらに低下、長期金利も上昇余地は限定的

  3. ETF買い入れ「柔軟化」なら何が起きる? 銘柄変更で吹く逆風と順風

  4. 本石砲、発射見送り「0.3%の掟?」 ETF買い見直しの思惑と警戒

  5. 日本市場の本石砲も休みなし ETF買い年6兆円超へまっしぐら

  6. そして日銀しかいなくなった…… 株式市場を覆う諦観、買い入れオーバーペースの必然

  7. 一抜け、二抜け、そして迷路に取り残される日銀 

  8. 日銀のオペ減額に「想定外」「絶妙」……意表突かれた債券市場

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP