ネトフリ決算で嫌気されたある数字 時間外で急落、関連銘柄に波及

16日の米国市場の時間外取引で動画配信大手のネットフリックスが下げに転じて大幅安となった。この日は1.18%高の400.48ドルで3営業日ぶりに反発して通常取引を終えたが、時間外では342㌦近辺まで下げ、通常取引終値比で14%超の急落となった。

大引け後に発表した2018年4~6月期(2Q)決算は、売上高が前年同期比40%増の39億700万ドル、1株当たり利益(EPS)が同5.6倍の0.85ドルだった。市場予想はそれぞれ39億3800万ドル、0.79ドルで、EPSは市場予想を大幅に上回った。しかし、会員数の伸びが全世界で520万人増にとどまり、市場予想や会社予想(620万人増)を下回ったことで、巨額の番組制作費を掛けて会員を増やす成長戦略に対する警戒感が短期的に広がった。

ツイッターも時間外で通常取引を約2%ほど下回る43.37ドル前後で推移。最近になって会員数の伸びに不安が浮上したツイッターにもネットフリックスが発表した決算の余波が及んだようだ。このほか、定額の音楽配信サービスを手掛けるスポティファイ・テクノロジーも2.5%安、動画配信のロクも2.3%安で取引されるなど、ネット配信系銘柄にも売りが波及している。(片平正二、岩切清司)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 注目決算ネットフリックス、会員増加数が市場予想に届かず 時間外で売られる

  2. 5部門受賞のネトフリ大幅高 番組巨額投資で金字塔、課題は赤字縮小

  3. FAANG、消えた時価総額120兆円 

  4. TI、SOX、FANG…恐怖指数VXN 駆け巡った半導体ショック 

  5. 米株高に「つれ高」し続ける地力はあるか 日本株を取り巻く一抹の不安

  6. FANGもプラスマイナス アリババなど年初比で下落

  7. FANGよりWANG 「W」はネットとリアルの融合効果が出始めたあの老舗

  8. FANG時価総額、3日間で2200億ドル消滅 ネトフリも5%安

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP