アマゾン上場来高値 主力ハイテク株3つ揃いで指数けん引

12日の米国市場でアマゾン・ドットコムが大幅に6日続伸し、2.37%高の1796.62ドルで終えた。一時は1798.00ドルまで上昇して6月21日に付けた上場来高値を更新し、1800ドルの大台を試す展開だった。中興通訊(ZTE)の制裁見直しの合意、ムニューシン米財務長官による対中貿易協議の再開の言及などで貿易摩擦への警戒感がやや和らいだ。

この日はフェイスブックとマイクロソフトも2.16%高で、そろって上場来高値を更新。ナスダック総合株価指数が約3週間ぶりに史上最高値を更新したのは、これら大型ハイテク株の「ハットトリック」でモメンタムが高まったことが大きい。

アマゾン・ドットコムに関しては11日に小売大手ウォルマートが日本の西友を売却する方針と伝わり、ネット小売での競争激化が予想される状況だったが、特に警戒する動きは見られなかった。ウォルマートは0.01%安で小安く終えた。(片平正ニ)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

 

関連記事

  1. FANG、本場も日本も絶好調 関税発動に動じず

  2. TI、SOX、FANG…恐怖指数VXN 駆け巡った半導体ショック 

  3. FANG時価総額、3日間で2200億ドル消滅 ネトフリも5%安

  4. 恐怖指数の連鎖高、貿易不安が世界拡散 日本も欧州も米ハイテクも火の粉

  5. FAANG、消えた時価総額120兆円 

  6. FANGよりWANG 「W」はネットとリアルの融合効果が出始めたあの老舗

  7. 米アマゾンが時価総額2位に浮上 初めてアルファベットを上回る

  8. 米時価総額上位は「AAA」に ネットの巨人5社で東証1部の半分超

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP