米政権、オウンゴール気味のドル高 貿易戦争で半年ぶり水準に

11日の海外市場ではドル円が112円17銭まで振れ、1月中旬以来、半年ぶりのドル高・円安水準を回復した。トランプ大統領の本音では中間選挙に向けて保護主義的な貿易政策をとり、為替もドル安に進むことが望ましいと思われるが、グローバル投資家が米国株や債券などのドル建て資産に資金をレパトリエーションしている事を示唆しているのか、為替市場ではドル独歩高で真逆の展開となっている。

ある投資会社は「ドル円が1ドル=112円台に乗せたが、需給ですかね。海外勢は2週間前からドル円を買いまくっている。ヘッジファンドは今回の2000億ドルの追加関税報道が出た際にはドル円売りましたが、110円台後半では大きく買い戻してました」と話す。

新興国株やコモディティ相場に変調の兆しがみられるため、ドル円が112円台に乗せたからといって日本株が相対的にアウトパフォームする展開は想定しづらい。トランプ大統領のオウンゴールでドル高米株安が進む状況だけに、流動性の高い日本株は貿易紛争のヘッドラインが出る度に荒っぽい展開となりそうだ。

この日のドル指数(DXY)は0.60%高で終え、95の節目を試す展開。半面、オフショア人民元(CNH)がドルに対して大きく売られた。QUICK FactSet Workstationによれば1㌦=6.73CNH台までドル高CNH安に振れる場面があり、終値では6.72CNH台で2017年8月上旬以来、11カ月ぶりの安値水準となった。米通商代表部(USTR)が10日夕、米国市場の大引け後に追加的な対中関税を課す2000億㌦規模の品目リストを公表したことを受けて、中国当局による元安誘導の思惑からCNHに対する売り仕掛けが活発化しているもようだ。(片平正二)

 

<オフショア人民元とドル指数(DXY)の2年チャート>

 

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

 

 

 

関連記事

  1. 恐怖の男の贈り物と恐怖指数 クリスマスラリーは期待薄か

  2. 米雇用市場に変調の兆し? 失業保険申請じわり増加

  3. もたつくOPEC だぶつく原油 ふらつく米BEIは1年ぶり低水準

  4. 投信よりソフトバンク 2.6兆円IPOが吸い上げる個人の待機マネー

  5. Tariff Man、今日はOil Man 気になるOPEC総会と日本貿易への影響

  6. 米景気後退の兆し?ここにも 先行指標のダウ輸送株が急落 

  7. ダウ800㌦安の引き金引いた1枚のチャート 逆イールドは後退の前兆

  8. 米長短金利差いよいよ15bp、11年5ヵ月ぶり低水準

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP