動揺トルコ、通貨も株も急落 リラは対円で最安値水準

トルコの動揺が収まらない。外国為替市場ではリラが対ドルで急落、対円でも23円を割り込んで5月につけた最安値水準まで下落している。トルコの5月の経常赤字が予想以上に拡大し、国際通貨基金(IMF)の支援が必要になるとの観測が広がったようだ。また、エルドアン大統領が改めて利下げの必要性を主張したと伝わっている。

トルコの代表的株価指数であるBIST100も大きく下げ、11日は前日比5.17%安の9万1289だった。(丹下智博) 

 

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

関連記事

  1. ECB「半分ハト派」でも新興国売り 低金利継続が呼ぶドル高圧力じわり

  2. トルコリラ急上昇、中銀が大幅利上げ、「あらゆる手段を活用」

  3. トルコリラまた安値更新、公募債の為替差損も拡大 どうするミセスワタナベ

  4. トルコリラ、過去最安値を更新

  5. リスクオンで進む円高の謎 日本勢の米債売りも要因か

  6. トルコリラが急落 利上げ幅0.5%に失望売り

  7. トルコリラ、29円台に上昇 11月CPIが予想上回る 前年比12.98%上昇

  8. リラ安の連鎖絶てるか 強気な大統領の出方に怯える相場の弱気

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP