「7.12」試される市場心理 一足早い目玉の決算、安川電とファストリ

あす12日は市場関係者が注目する決算発表がある。世界の設備投資の動向を反映する安川電機(6506)と、日経平均株価への寄与度が大きいファーストリテイリング(9983)だ。

2月期に決算期変更した安川電は2018年3~5月期決算を発表する予定。キーエンス(6861)やファナック(6954)といった3月期決算の企業とともに、省力化投資やファクトリー・オートメーション(FA)関連は株式市場からの期待値も大きく、それらの先陣を切る安川電は試金石になる。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(8社平均)の3~5月期の営業利益は166億円を見込んでいる。第1四半期の着地が投資家のセンチメントを大きく左右する。

ファストリは17年9月~18年5月期決算(9か月)を発表する。QUICKコンセンサス(4社ベース)の営業利益は2303億円で、会社予想の18年8月期通期の営業利益2250億円をすでに超過する水準だ。「決算発表直前で業績上ブレ期待の強気」と「好材料出尽くしの弱気」の綱引きで、売買が膨らむことも考えられる。(山口正仁)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. ベンチマーク3社の決算から始まる業績相場の夏 ファナック・日電産・信越化

  2. FANG、本場も日本も絶好調 関税発動に動じず

  3. 通貨安競争は避けられた? 日本株、関心集める巨大バスケット取引

  4. 止まらぬソフトバンク(9984)売り グローバルマネーフローに変化か

  5. 【朝イチ便利帳】4日 ユニクロの8月売上高、米ISM製造業指数

  6. ファナックやデンソー、2Q決算時の通期上方修正が「濃厚」 QUICK分析ツール

  7. 【朝イチ便利帳】 4日 5月のマネタリーベース、QUICK月次調査<債券>

  8. 【朝イチ便利帳】 2日 伊藤忠や米テスラが決算発表 FOMC結果発表

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP