「7.12」試される市場心理 一足早い目玉の決算、安川電とファストリ

あす12日は市場関係者が注目する決算発表がある。世界の設備投資の動向を反映する安川電機(6506)と、日経平均株価への寄与度が大きいファーストリテイリング(9983)だ。

2月期に決算期変更した安川電は2018年3~5月期決算を発表する予定。キーエンス(6861)やファナック(6954)といった3月期決算の企業とともに、省力化投資やファクトリー・オートメーション(FA)関連は株式市場からの期待値も大きく、それらの先陣を切る安川電は試金石になる。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(8社平均)の3~5月期の営業利益は166億円を見込んでいる。第1四半期の着地が投資家のセンチメントを大きく左右する。

ファストリは17年9月~18年5月期決算(9か月)を発表する。QUICKコンセンサス(4社ベース)の営業利益は2303億円で、会社予想の18年8月期通期の営業利益2250億円をすでに超過する水準だ。「決算発表直前で業績上ブレ期待の強気」と「好材料出尽くしの弱気」の綱引きで、売買が膨らむことも考えられる。(山口正仁)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 本石砲の弾道「微修正」に思惑 ETF購入方針見直しで買われる銘柄、売られる銘柄

  2. 【朝イチ便利帳】12日 東宝など決算発表 6月の中国貿易統計、米PPI

  3. 【朝イチ便利帳】24日 日銀決定会合 決算はファナック、キャタピラー、ボーイングなど

  4. 【朝イチ便利帳】12日 3月の中国貿易統計、JPモルガンなど決算

  5. 【朝イチ便利帳】11日 ファストリや安川電機が決算 中国の3月の物価指標

  6. 【朝イチ便利帳】10日 ファストリや安川電が決算発表 中国CPI

  7. 世界で「脱プラ」の流れ加速 ユニクロの買い物袋も紙になる

  8. 炭鉱のカナリアは何と鳴く♪ 安川電決算、中国リスクとFAリスク

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP