米10~30年債スプレッドが1ケタに縮小 11年ぶり低水準

10日の米債市場で10年債利回りと30年債利回りのスプレッドが縮小し、QUICK FactSet Workstationによると9.80bp(ベーシスポイント)となった。ひとけた台はパリバショック直前の2007年6月以来、約11年ぶりの低水準となる。2年債利回りと10年債利回りのスプレッドも前日から縮小し、29.1bpだった。

この日の米債市場では主要な米株価指数が4日続伸したにも関わらず、貿易紛争懸念から米債がしっかり。10年債は横ばいで、30年債は買われてイールドカーブがブル・フラット化した。CMEグループが提供しているFedウォッチツールで9月米連邦公開市場委員会(FOMC)での25bp利上げの織り込み度は82.3%で前日からほぼ横ばいだったが、米債市場では貿易紛争に伴う景気減速を織り込むかのような動きとなっていた。(片平正ニ)

★米10-30年債の利回り格差の15年チャート(QUICK FactSet Workstationより)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  2. ダウ800㌦安の引き金引いた1枚のチャート 逆イールドは後退の前兆

  3. 米9月の利上げ確率「99.8%」 強い雇用統計、サプライズ指数も改善

  4. 強弱まちまち米雇用統計、金融政策に大きな影響なしとの見方

  5. イエレン前議長「次は利下げかもしれないわね」 資産圧縮でアドバイスも

  6. 大荒れ米市場、一気に利下げ催促モード 長短金利差は小幅拡大

  7. 甘くなかったパウエル議長 「帽子からハト」期待の株式市場は失望

  8. 会合直前に連日の利上げ牽制 トランプの北風、FRBの決断はいかに

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP