日本市場の本石砲も休みなし ETF買い年6兆円超へまっしぐら

日銀が4日に本石砲(日銀のETF買い)を発射し、ETFを705億円買い入れた。この日の前場のTOPIXは0.39%安で終え、市場では買入ペースが早いことから発動基準が厳しくなるのではないかとの警戒感があったが、今年は前引け時点のTOPIXの下落率が0.3%以上の日にETF買いが見送られたことはなかった。発動基準の厳格化はひとまず杞憂に終わった。買入額も前月(703億円)から2億円増えた。

今年の日銀のETF買入額は現時点で3兆3976億円となっている。毎営業日に12億円を買い入れている「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETF」を除いたものだが、7月4日までで前年同日時点(2兆7969億円)を6007億円(本石砲8回分)上回る状況となる。年間で6兆円の増加ペースを5272億円(同7回分)上回る状況でもあり、日銀が相場の下支え役として積極的に動いている。(片平正ニ)

★日銀のETF買いの累計額推移(7月4日まで)


※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 弱気相場も「底」がある 個人と日銀、あの下げをならすのはあなた

  2. 本石砲、発射見送り「0.3%の掟?」 ETF買い見直しの思惑と警戒

  3. 貿易戦争に一喜一憂 誘惑の成長株か妙味の割安株か

  4. そして日銀しかいなくなった…… 株式市場を覆う諦観、買い入れオーバーペースの必然

  5. REIT指数高値、4年半ぶり2000台 支えているのは、あの買い手

  6. 甦るあの夏の記憶 傘下ファンドの社債懸念で仏銀株が急落

  7. 指数は高水準でも楽観ムード出にくい米消費 高まる米中貿易問題への警戒

  8. 米国株は高ボラ×長ボラ相場に 需給面で忍び寄る2つの恐怖 

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP