米国休場でもT砲は休みなし 原油価格への不満爆発

トランプ大統領は4日にツイッターで、「石油輸出国機構(OPEC)による独占でガソリン価格が上昇し、彼らが何も手助けしてくれないことを覚えておく必要がある。今すぐ価格を下げろ!」とつぶやいた。独立記念日の休日にも関わらず、ドライブシーズンを迎えて原油価格が高騰している現状に不満を示したものとみられる。

全米自動車協会(AAA)の2日付のリポートによると、全米のガソリン販売価格の平均値は1ガロン=2.86㌦で、米独立記念日の休日としては4年ぶりの高水準にあるという。5月末のメモリアルデーの休日と比べれば11㌣安いというが、AAAによれば米独立記念日の休日には4000万台近くの車がドライブに駆り出されるとのこと。ガソリン価格の高止まりが続けば、米国の個人消費への悪影響が懸念されそうだ。(片平正ニ)

★トランプ氏のツイッター
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1014611307427966976


※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門へのバルチック独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. ブレマー氏、イラン核合意離脱なら何よりも「大きな影響」

  2. 米国から逃げるハーレー、叱る大統領 EU関税が業績と株価を直撃

  3. WTI急上昇 投機筋の買い持ち2週ぶりに縮小

  4. 原油は温めの65~70ドルがいい 「ほどほどの減産」を巡る米とサウジの都合

  5. ブレント>WTI 原油価格差が3年ぶり大きさ、米でだぶつき観測

  6. 原油高、終わりの始まり? CTAの買いがリーマン前水準に膨張

  7. 止まらぬ原油高、OPEC減産「出口」に現実味 はらむ急落リスク

  8. 踏み込んだプレゼンター、瀬踏みするインベスター ソフトバンクGのフェアバリューとは

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP