ひたひた進む上海株安と元安 高まる摩擦熱、景気と相場に寒け

米中貿易摩擦への警戒感から中国株の下落基調が続いている。28日の上海総合指数(グラフ赤)は前日比0.9%安の2786.896と、約2年ぶりに2800を割り込んで終えた。人民元(グラフ青)も対ドルで約半年ぶりの元安水準にある。

トランプ米大統領は6月中旬、7月6日に発動される対中制裁関税に中国が報復すれば、新たに2000億ドル相当の制裁関税を検討するよう米通商代表部(USTR)に指示。これに対して中国が報復措置を警告したことで、中国の株安・通貨安が加速した。

市場では、米中間の関税の掛け合いがエスカレートし、中国景気および世界景気に悪影響が及ぶことが懸念されている。7月6日前後の両国の対応は要注目だ。(池谷信久)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 米中「休戦」で不安消えたか 大豆先物が急伸、ZTE関連はまちまち

  2. 貿易摩擦と橋龍発言 米国債について回る「売りたい衝動」 

  3. 中国の米国債売却懸念、ひとまず杞憂に? 11月の保有額は前月比ほぼ横ばい

  4. 【朝イチ便利帳】6日 米国が対中制裁関税を発動、6月の米雇用統計

  5. アジア株急伸 景気指標が改善、中国の金利低下も好感

  6. 中国人民銀、米国に追随「利上げ」 人民元安・資本流出を警戒か

  7. 踏み込んだプレゼンター、瀬踏みするインベスター ソフトバンクGのフェアバリューとは

  8. 銅先物が1年ぶり6000ドル割れ 鉱山開発銘柄が大幅安

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP