WTI急上昇 投機筋の買い持ち2週ぶりに縮小

石油輸出国機構(OPEC)が22日の総会で、原油の協調減産を日量100万バレルに緩めることで合意した。政治の混乱でベネズエラの生産量が減るなどしており、実質的な増産量は100万バレルを下回ると見られている。

増産量が事前の市場予想より小幅なものになったことで、22日の米国市場でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)8月物は、前日比3.04ドル高の1バレル68.58ドルへ急上昇して終えた。

米商品先物取引委員会(CFTC)が22日に発表した19日時点の投機筋の原油先物の買越幅は2週ぶりに縮小した。買越幅は58万947枚と2017年11月下旬以来の小ささだった。増産が見込まれていたOPEC総会に向けてロングポジションが解消されていたことも、原油価格急騰の背景にあったのかもしれない。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 原油高、終わりの始まり? CTAの買いがリーマン前水準に膨張

  2. 原油先物 逃げる投機筋、しぼむ先高観

  3. 投機筋じわりポジション縮小 原油は利益確定、ドル円は円買い建玉減らす

  4. 強弱まちまち米雇用統計、金融政策に大きな影響なしとの見方

  5. 個人、ドル円で利益確定を継続 買い建玉が2週連続で減少

  6. 投機筋、ついに円買いに転じる ポジションは縮小

  7. 個人、早くも利益確定 投機筋の円売りポジションに拡大余地との指摘も

  8. 投機筋、円売りの買い戻し進める 売り越し幅は1年4ヶ月ぶり低水準 CFTC

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP