米GDPナウが4.7%に小幅低下 鉱工業生産の引き下げが下振れ要因か 【US Dashboard】

 米アトランタ連銀が幅広い景気指標を基に分析し公表する「GDPナウ」によると、19日時点の2018年4~6月期の国内総生産(GDP)成長率予測は4.7%と、前回(6月14日)の予測値(4.8%)から小幅低下した。

 19日に発表された5月の米住宅着工件数は前月比5.0%増の135万件と市場予想(132万件)を上回り、2007年7月以来約11年ぶりの高水準となった。一方、住宅着工の先行指標となる建設許可件数は同4.6%減の130万1千戸と市場予想(135万3千戸)を下回った。2カ月連続のマイナスで、昨年9月以来の低水準となった。

 新規の住宅着工が実質住宅投資の成長率を0.3%から2.9%へと押し上げたものの、15日に米連邦準備理事会(FRB)が鉱工業生産を引き下げた分(GDPを4.6%に低下させた)を補うことができなかった。GDPナウの次回発表は6月27日、米商務省は7月27日に4~6月期GDP速報値を発表する予定だ。(丹下智博 )

(注)チャートはQUICK FactSet Workstationより作成

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. 米1~3月期は「ゼロ成長」も GDPナウ予測、消費も生産も低調

  2. 米消費、やはり響いた株価下落や政府閉鎖 12月小売売上高が想定外の不振

  3. 米消費者マインド2000年来の高水準 絶好調に潜む死角は住宅

  4. 今度は「マイナス金利」でFRBに圧力 利下げ確率⤵で88.8%

  5. 日本国債は相対的に高利回り、海外勢の買いは続く アクサIMの木村氏

  6. 「高ROE無双」という名の「分断相場」 日本株、本格反騰は遠く

  7. 低調売買、裁定売り残急増、そして金融政策 浮かび上がる因果関係

  8. ウーバー、リフトが乗せたくない「AB5」 運転手は請負でなく従業員に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP