新興国ETFからの流出20億ドル超 「中銀週間」、ドル高が逆風

15日の米国市場で「iシェアーズMSCIエマージングETF」から大規模な資金が流出した。QUICK FactSet Workstationによれば7億4473万ドル(824億円)の流出となり、2日連続で7億ドル超の大規模な資金流出となった。1週間で20億4064万ドル、1カ月間では30億7761万ドルの資金流出を記録したことになる。

同EFはこの日、0.78%安で4日続落し、一時は44.92ドルまで下げて2017年10月2日以来、45ドルの節目を割り込んだ。為替市場でドル高基調が続き、米連邦公開市場委員会(FOMC)や欧州中央銀行(ECB)理事会後にその流れが強まる中、エマージング株の解約売りが増えている。(片平正ニ)

★iシェアーズMSCIエマージングETFのファンドフロー
(QUICK FactSet Workstationより、単位・百万ドル)


※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 強い物価基調は変わらず 米CPI、6年4カ月ぶり上昇率【US Dashboard】

  2. 米10~30年債スプレッドが1ケタに縮小 11年ぶり低水準

  3. QE終了、注目は「いつ言うか」 きょうECB理事会、イタリア問題が喉元の骨

  4. 決戦は木曜日 物価上昇が鮮明な米、利上げ年4回の見方増える

  5. FEDが25bp利上げの「先」に見ている景色 きょうからFOMC

  6. 強弱まちまち米雇用統計、金融政策に大きな影響なしとの見方

  7. 米金利、雇用統計の2日前に待ち受ける重要ポイント 【US Dashboard】

  8. 世界で高まる金利上昇圧力 きょう会合ECBどう動く

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP