メルカリあす上場 応募35倍の前人気

あすのこの時間、もう初値はついているだろうか。それとも……。

メルカリ(4385)が19日に東証マザーズ市場に新規上場する。新規上場にあたり、公募1815万9500株、売り出し2539万5300株(オーバーアロットメントによる追加分284万0500株を含む)を実施。公開価格(公募・売り出し価格)は3000円で、仮条件(2700~3000円)の上限で決定していた。きょう18日が払込期日だ。

◆QUICK Knowledge特設サイトで「メルカリ上場」を公開中。特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます

株式公開時の時価総額は4000億円超を見込む、現時点でのことし最大の新規株式公開(IPO)案件。企業価値が10億米ドル(=邦貨で約1100億円)を超える未上場企業「ユニコーン」のIPOとあって国内外の機関投資家、市場関係者の関心が高い。12日配信の日本経済新聞電子版ニュースは、主幹事の大和証券によると、公募株数に対する投資家の応募倍率は全体で約35倍だったと報じている。

メルカリの直近の業績動向をみるとメルカリの海外事業の赤字が響き、2017年6月期連結決算は最終損益が42億円の赤字だった。一方で、メルカリは売買代金をポイントに変換して使用できるインターネット上の決済サービス「メルペイ」を早ければ年内にも実用化する意向と報じられている。

上場企業の決算発表集中で株式新規公開が休止していたが、再開第1号となるメルカリの初値形成やセカンダリーは、6月のIPOラッシュでの投資家のセンチメントを測る点でも注目されよう。(山口正仁)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. メルカリさあ上場 初値に注目、LINEのIPOが参考に

  2. メルカリ上場で「売ったり買ったり」 IPOラッシュに警戒感も

  3. 【朝イチ便利帳】13日 6月の中国貿易統計、決算は東宝や松竹 

  4. 話題のIPOも前人気低調 スマホの小米につきまとう不安

  5. HEROZ上場、「初手」から過熱 AI人気で記録的な高騰ぶり

  6. 今年のIPO、23日の「Mマート」からスタート 「QBハウス」3月上場へ

  7. 踏み込んだプレゼンター、瀬踏みするインベスター ソフトバンクGのフェアバリューとは

  8. 銅先物が1年ぶり6000ドル割れ 鉱山開発銘柄が大幅安

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP