ECB「半分ハト派」でも新興国売り 低金利継続が呼ぶドル高圧力じわり

14日の米国市場でブラジル株に連動するiシェアーズMSCIブラジル上場投資信託(ETF)が大幅続落し、3.31%安の32.68ドルで終えた。欧州中央銀行(ECB)が定例理事会で量的緩和(QE)を年内に縮小することを決めた一方、会合後の記者会見でマリオ・ドラギ総裁が来年夏ぐらいまで政策金利は現在の水準にとどまるだろうとの見解を示した。QE終了は秋口との見方が多かっただけにややサプライズの側面がある。それでも低金利政策は少なくとも来夏まで継続するとし「ハト派」の側面もにじませただけに市場には安心感も広がった。為替市場でユーロ安ドル高が進む中、ドル指数は94.87まで上昇して5月30日以来、半月ぶりの高値水準を回復した。

ユーロ安からくるドル高を受けて、エマージング関連は軟調な展開。この日の米国市場では、ブラジル株のレバレッジ型ETFで3倍動く「ディレクション・デイリーMCSIブラジル・ブル3倍」が10.03%安で急落。ETFなどの電子取引を手掛ける米NYSEアーカ取引所の下落率ランキングでトップとなった。

「iシェアーズ J.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券 ETF」は前日比0.12%安で引けた。エマージング株の代表的なETFである「バンガード FTSE エマージング・マーケッツ ETF」は0.53%安、また同ハイイールド債ETFの「iシェアーズ エマージング・マーケッツ ハイイールド債券 ETF」は0.13%安で取引を終えた。

ブラジルレアルやメキシコペソ、トルコリラなど新興国通貨もドルに対して下落した。(岩切清司、片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントおよびQUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. リスクオンで進む円高の謎 日本勢の米債売りも要因か

  2. 動揺トルコ、通貨も株も急落 リラは対円で最安値水準

  3. 新興国ETFからの流出20億ドル超 「中銀週間」、ドル高が逆風

  4. 一抜け、二抜け、そして迷路に取り残される日銀 

  5. QE終了、注目は「いつ言うか」 きょうECB理事会、イタリア問題が喉元の骨

  6. トルコリラ急上昇、中銀が大幅利上げ、「あらゆる手段を活用」

  7. トルコリラまた安値更新、公募債の為替差損も拡大 どうするミセスワタナベ

  8. トルコリラ、過去最安値を更新

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP