国内株で最も見られたのはソニー QUICKアクセスランキング公開

 QUICKは、情報端末上でアクセス件数が多かった銘柄をランキングする「国内株アクセスランキング」のサービスを「ナレッジ特設サイト」で始めた。前営業日にどんな銘柄が注目されたのが一目で分かる。アクセス件数急増のランキングもあり、材料が出て市場の関心が高まった銘柄を確認することも可能だ。
 
 証券リテール営業向けなどで利用されている情報端末「Qr1」での銘柄の問合せ件数を集計し、上位20銘柄をランキングする。個別銘柄の1週間の平均アクセス件数と直近の件数を比較する「アクセス数急増率ランキング」を使えば、材料が出ていたのに見逃していた銘柄がないかチェックするのに便利だ。
 
 12日のアクセス数ランキングの1位はソニー(6758)。世界最大級のゲームの展示会「E3」が米ロサンゼルスで開幕し、ゲーム機メーカーに注目が集まった。任天堂(7974)も3位にランクインした。
 
 
  件数増加率ランキングは、1位が日東工(6651)、2位がAPLIX(3727)だった。両銘柄とも12日に株価が上げ、アクセス数も伸びた。3位は博報堂DY(2433)。連結子会社が保有するメルカリ株を一部売却することを受け、11日に今期純利益を上方修正した。材料となったニュースが合わせて表示されており、すぐに確認することができる。
 
 
 
 
「国内株アクセスランキング」は毎営業日の朝に前営業日分を更新する。QUICKの情報端末の「ナレッジ特設サイト」ではこのほかさまざまな決算情報のコンテンツツールを提供している。(QUICKナレッジコンテンツグループ 伊藤央峻)

関連記事

  1. 【朝イチ便利帳】31日 日銀会合の結果発表、決算はソニー、ホンダ、任天堂など

  2. eスポーツ普及元年、関連株もスイッチON ゲームショウ20日開幕

  3. 新作ゲームソフトに株価材料てんこ盛り E3開幕、ソニーや任天堂に注目

  4. 最高益ソニーにブラックフライデーの号砲 テレビ・ゲームで激突

  5. 【朝イチ便利帳】4日 ユニクロの11月売上高、英議会でEU離脱案審議

  6. 【QUICK Forecast 企業業績】11/13時点 今期の営業利益4.7%増、来期は6.3%増

  7. 【QUICK Forecast 企業業績】11/6時点 今期の営業利益4.8%増に減速 自動車や建設が押し下げ

  8. 【朝イチ便利帳】30日 米アップルが新製品発表、フェイスブックなど決算

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP