【QUICK Forecast 企業業績】バンナムとスクエニ、今期利益は会社予想から上振れ

QUICKは上場企業の2期先までの業績予想を示すツール「QUICK Forecast 企業業績」を提供している。このツールでゲーム業界をみてみると、財務データやマクロ指標などをもとに打ち出された今期の利益の予想値は、企業側が示す見通しから上振れしている。

たとえば、バンダイナムコホールディングス(7832)。会社側は今期(2019年3月期)の連結営業利益の予想を前期比20.0%減の600億円と計画している。5月9日の決算説明会によると、この数字は「必達目標とし、少しでも上を目指していきたい」というもの。一方、QUICK Forecastでは営業利益は713億円と、5.0%減にとどまる見通しだ。会社側は新中期計画の初年度となる19年3月期は重点戦略として、新規IP(知的財産)創出・育成の強化、中国市場での事業の本格的展開に向けた基盤整備を行う、としている。

来期(2020年3月期)の予想について、QUICK Forecastは営業利益が796億円になると計算する。アナリスト予想のQUICKコンセンサス(5月30日更新)の820億円よりも控えめだが、今期予想と比べると増益となる。ちなみに、会社側は新中期計画で、最終年度の21年3月期に営業利益で750億円、自己資本利益率(ROE)は10%以上を目指すという。

スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)の場合はどうか。会社側は19年3月期の連結営業利益を300億円と、前期に比べ21.4%減るとみている。複数のゲームの新規大型タイトルの発売が予定されており、増収を見込んでいるが、償却負担が増えるため減益になるそうだ。これに対し、QUICK Forecastの営業利益予想は2.2%増の390億円となっている。

20年3月期の連結営業利益は、QUICK Forecastの予想では469億円。QUICKコンセンサス(5月30日更新)の営業利益(520億円)に届かないが、今期の予想に比べると増える。会社側は17年3月期決算説明会で発表した中期目標「20年3月期以降に営業利益400~500億円を安定的に達成できる事業構造の確立」について、変更なしとしている。

※QUICK Forecastは全上場企業約3700社のうち、必要なデータがそろわない一部の銘柄を除き、ほぼすべての銘柄をカバーしている。決算や業績予想の修正などに対応し、タイムリーに予想値を算出することができる。現在はβ版として提供しており、サービス内容は適宜、改善・更新される。QUICKの情報端末の「ナレッジ特設サイト」ではこのほかさまざまな決算情報のコンテンツツールを提供している。

関連記事

  1. 【QUICK Forecast 企業業績】村田製とTDK、今期利益は会社予想から上振れ

  2. ソニー来期の営業益は7000億円強 2期先を読む「QUICK Forecast」、市場予想より控えめ

  3. 新作ゲームソフトに株価材料てんこ盛り E3開幕、ソニーや任天堂に注目

  4. 【朝イチ便利帳】 19日 メルカリ上場 月例経済報告 ソニー株主総会

  5. 【朝イチ便利帳】18日 5月の貿易統計、中国・香港・台湾など休場

  6. 【朝イチ便利帳】 15日  日銀金融政策決定会合の結果公表、6月のQUICK短観

  7. 【朝イチ便利帳】 14日 ECB理事会の結果発表、トヨタ株主総会

  8. 国内株で最も見られたのはソニー QUICKアクセスランキング公開

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP