「AA」だけで190兆円、日本の上位30社分 走るアップルVS追うアマゾン

4日の米株式市場でアップルが続伸し、前週末比0.83%高の191.83ドルで終えた。一時は193.42ドルまで上昇して連日で分割後の上場来高値を更新した。時価総額は4日終値時点で9428億ドルとなり、1兆ドルの大台にじわじわと迫っている。

同日、米東部時間13時から世界開発者会議(WWDC)を開催した。イベントでは高速化が図られた新型の基本ソフト(OS)「iOS12」のほか、自分をアニメ文字にする「Memoji」といった新機能が発表されたが、もともと新製品の発表が予定されていなかったせいか、WWDCが始まった後はやや伸び悩む展開だった。

アマゾン・ドット・コムも4日に最高値を更新し、QUICK FactSet Workstationによると時価総額は8000億ドル(約88兆円)を突破した。米市場では2番目の規模となる。

アップルとアマゾンの2社だけで時価総額は日本円にして約190兆円。日本最大のトヨタ自動車から30位の東京海上ホールディングスまでを合わせた額(約196兆円)に匹敵する。(岩切清司、片平正ニ)

 

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。
 

関連記事

  1. ナスダック版「恐怖指数」のVXNが30に迫る アマゾン・インテルの下げ響く

  2. 米時価総額上位は「AAA」に ネットの巨人5社で東証1部の半分超

  3. アップル・アマゾン最高値 大型IT株と金融環境指数の深い関係 

  4. HFが買いを増やした「F」、売りを増やした「AANG」 GS分析

  5. 決算発表たけなわ、EPSは日米ともに歴史的な好調ぶり

  6. ESG投資、笛吹けど踊らぬアップルサプライヤー株

  7. アップル安⇔円安 綱引きの日本株

  8. 台湾のTSMCショック、アップル関連株を直撃

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP