米長短金利差ここまで縮小、利上げペース鈍化を意識 【 US Dashboard】

米国の長短金利スプレッドが、2008年のリーマン・ショック以降の最低レベルまで縮小している。足元のスプレッド縮小は、長期金利の低下が短期金利の低下を上回るペースで進んだことによって起こる「ブルフラット」の動きであり、これは一般的に景気減速局面に起る現象だ。また、長短金利差が逆転する「逆イールド」は、景気後退の前触れとも言われている。


米セントルイス連銀のブラード総裁は5月29日の都内での講演で、来年中には長短金利が逆転する可能性を指摘。「FRBは長短金利の逆転につながるような政策に積極的になる必要はない」と述べていた。マーケットは米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースの鈍化を織り込み始めたのかもしれない。(池谷信久)

 

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. 米長短金利差が縮小 リーマン前に接近、逆転なら景気後退も

  2. 米金利3%乗せの先は VIXショックとの違い鮮明 【US Dashboard】

  3. インフレが来る? 米CPI今夜発表 金利上昇加速も

  4. GEが時間外で2%安、ダウ平均の構成銘柄から除外 WBAが新たに採用

  5. 米GDPナウが4.7%に小幅低下 鉱工業生産の引き下げが下振れ要因か 【US Dashboard】

  6. アップルが3日続落 米中の貿易紛争懸念で先行きに不透明感

  7. 「メルカリ祭り」午後の部 売買代金トップ、時価総額はミクシィの約3倍

  8. 「メルカリ祭り」午前の部 ネット証券3社で100億円買い越し

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP