ソニー来期の営業益は7000億円強 2期先を読む「QUICK Forecast」、市場予想より控えめ

QUICKは国内上場企業の2期先までの業績予想を提供する「QUICK Forecast 企業業績」のサービスを始めた。3月期決算企業の多くは2019年3月期の業績予想を開示しているが、このツールを使うと、20年3月期の予想値もはじき出せる。企業収益の方向性を探るのに便利だ。

QUICK Forecastの予想値はQUICKの業績・財務データや日本経済新聞社の「日経NEEDS」のデータベースをもとに、アナリスト予想の平均値であるQUICKコンセンサスを加味して算出。マクロ指標なども統計的手法で分析し、反映させている。このため、会社側が示す予想やアナリスト予想の数値と必ずしも一致しない。

たとえば、ファナック(6954)。同社が4月下旬に発表した2019年3月期の業績見通しによると、連結純利益は前期比24%減の1377億円となる見通し。しかし、QUICK Forecastでみると19年3月期の純利益は1690億円と7%の減益にとどまるようだ。QUICKコンセンサスの1760億円(5月29日時点)は下回るが、会社予想を上回る水準だ。

※19年3月期と20年3月期の棒グラフは水色が会社予想、薄い青色がQUICK Forecast予想。単位100万円

ファナックは20年3月期の見通しを出していないが、QUICK Forecastでは純利益が1930億円になると予想されており、QUICKコンセンサス(1866億円)を上回る。統計的な手法を加えてみると、今期は市場予想に届かないが、来期は予想以上に利益が伸びるというわけだ。

今期減益のソニーは再び最高益を更新できるか

18年3月期に20年ぶりに営業利益が最高を更新したソニー(6758)。19年3月期の営業利益は前期比9%減の6700億円の計画を立てているが、QUICK Forecastでは7%減の6820億円となる。アナリスト予想によると、20年3月期の営業利益は7773億円(5月29日時点)と再び最高を記録するが、QUICK Forecastは3%増の7030億円と控えめな予想を示す。

QUICK Forecastは全上場企業約3700社のうち、必要なデータがそろわない一部の銘柄を除き、ほぼすべての銘柄をカバーしている。決算や業績予想の修正などに対応し、タイムリーに予想値を算出することができる。現在はβ版として提供しており、サービス内容は適宜、改善・更新される。QUICKの情報端末の「ナレッジ特設サイト」ではこのほかさまざまな決算情報のコンテンツツールを提供している。

(QUICKナレッジコンテンツグループ 伊藤央峻)

関連記事

  1. 【QUICK Forecast 企業業績】村田製とTDK、今期利益は会社予想から上振れ

  2. 【QUICK Forecast 企業業績】バンナムとスクエニ、今期利益は会社予想から上振れ

  3. 【朝イチ便利帳】 20日 4月日銀会合の議事要旨 ソフトバンク株主総会

  4. 【朝イチ便利帳】 19日 メルカリ上場 月例経済報告 ソニー株主総会

  5. 【朝イチ便利帳】18日 5月の貿易統計、中国・香港・台湾など休場

  6. 【朝イチ便利帳】 15日  日銀金融政策決定会合の結果公表、6月のQUICK短観

  7. 【朝イチ便利帳】 14日 ECB理事会の結果発表、トヨタ株主総会

  8. 国内株で最も見られたのはソニー QUICKアクセスランキング公開

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP