レイセオンなど米防衛関連株が堅調 「米軍の準備できてる」でリスク警戒

24日の米国市場で、巡航ミサイルのトマホークや地対空ミサイルのパトリオットなどを手掛けるレイセオンが1.32%高の213.94ドルで続伸して逆行高となった。B2爆撃機を手掛けるノースロップ・グラマンが1.39%高、ステルス戦闘機F35を手掛けるロッキード・マーチンが0.31%高となり、防衛関連銘柄が軒並み堅調だった。

トランプ大統領がこの日に声明文を発表し、6月12日に予定していた米朝首脳会談の開催を見送る方針を示したことで幅広い銘柄が売られる一方、北朝鮮の地政学リスクが高まることを警戒して防衛関連銘柄が堅調だった。トランプ氏は首脳会談見送りの発表にあわせ「必要なら、米軍の準備はできている」と述べて軍事行動を示唆して北朝鮮をけん制した。この日はジム・マティス国防長官も航空学校の卒業生らのイベントで「戦争に備えよ」と述べていた。(片平正ニ)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 米防衛関連株が失速 「軍事もディール」どう見極め?

  2. 韓国株ETFが急伸 防衛関連銘柄は軒並み下落 南北首脳会談合意で

  3. 南北閣僚級会談中止、韓国ETF売られる 

  4. アップル安⇔円安 綱引きの日本株

  5. VIXが5日続落で1か月ぶり低水準 シリア攻撃後、世界同時株高の流れ 【US Dashboard】

  6. GEが時間外で2%安、ダウ平均の構成銘柄から除外 WBAが新たに採用

  7. 米GDPナウが4.7%に小幅低下 鉱工業生産の引き下げが下振れ要因か 【US Dashboard】

  8. アップルが3日続落 米中の貿易紛争懸念で先行きに不透明感

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP