深く沈んだままの「ユーロ圏サプライズ指数」 景況感の改善に時間

IHSマークイットが公表している5月のユーロ圏製造業購買担当景気指数(PMI、グラフ緑)は55.5と15カ月ぶりの低水準となった。市場予想の56.1も下回り、ユーロ売りの材料になった。

欧州の経済指標は軒並み市場予想を下回っており、シティグループが算出するエコノミック・サプライズ指数(グラフ青、経済指標の予想と実績のかい離を指数化したもので、実績が予想を上回れば上昇し、下回れば下落する)はマイナス圏に深く沈んだままだ。

ユーロ圏の景況感の改善には、しばらく時間がかかり、ECBの金融政策正常化の足かせになるかもしれない。(池谷信久)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. メルカリさあ上場 初値に注目、LINEのIPOが参考に

  2. 新興国ETFからの流出20億ドル超 「中銀週間」、ドル高が逆風

  3. 一抜け、二抜け、そして迷路に取り残される日銀 

  4. メルカリあす上場 応募35倍の前人気

  5. 「利回りそこそこ・低ボラ」のバンクローン 超運用難で触手伸ばしているのは……

  6. ECB「半分ハト派」でも新興国売り 低金利継続が呼ぶドル高圧力じわり

  7. QE終了、注目は「いつ言うか」 きょうECB理事会、イタリア問題が喉元の骨

  8. 決戦は木曜日 物価上昇が鮮明な米、利上げ年4回の見方増える

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP