米中「休戦」で不安消えたか 大豆先物が急伸、ZTE関連はまちまち

21日の米国市場で大豆先物が急伸した。期近の7月限の清算値は2.68%高の1ブッシェル=10.2520ドルだった。中心限月の清算値ベースで5月4日以来、半月ぶりの高水準を回復したことになる。

米中両国が19日、ワシントンで17~18日に開いた貿易協議の共同声明を発表した。スティーブン・ムニューシン財務長官が20日にFOXニュースに出演、「我々は貿易紛争を保留にし、関税を留保することで合意した」との見解を示したことで貿易紛争懸念が後退した。中国による米国産大豆の買い付けが期待され、大幅高となった。4月に中国が米国の106品目に対して報復関税を掛けると発表し、その中に大豆や航空機、自動車が含まれていたことが伝わった時には売られる場面があった。

大豆が強かった一方、この日の米国市場では光通信機器を手掛けるアカシア・コミュニーケーションズが続伸したものの、0.63%高で上値の重い展開となっていたのが目立った。今回の米中貿易協議では中国の通信機器大手ZTEへの制裁緩和で進展がなく、6月12日に予定されている米朝首脳会談までトランプ政権が中国との交渉材料を温存するかのような姿勢が示された。ZTEとの取引がある関連銘柄は強弱まちまちで、フィニサーが3.14%高、オクラロが1.91%高と比較的強かった一方、ネオフォトニクスは0.46%高、ルメンタム・ホールディングスは0.16%高にとどまっていた。

アカシア・コミュニケーションズと大豆先物の年初来推移(QUICK FactSet Workstationより)

(片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 逆イールド「CRAZY」とアンタが言うな! 専門家は景気後退入り「NO」

  2. 米景気は胸突き八丁 リセッション確率30~55%、証券会社予想

  3. 炭鉱のカナリアは何と鳴く♪ 安川電決算、中国リスクとFAリスク

  4. 懸念、入念、観念のパウエルプット 利下げは7月?それとも9月?

  5. 何が起きる?米中貿易摩擦の最悪シナリオ 業績は、株式相場は、FEDは

  6. 目が離せない米中、目配りしたい米中以外 株式市場を覆う「本当の不安」

  7. 荷動き低調、世界景気に警戒感 バルチック指数が節目の1000割れ

  8. それでも永守氏の日電産に強気な投資家たち 下方修正は誤算、押し目買いに勝算

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP