アイカーン氏、次の関心はエナージェン HFと共同買収検討で6%高に

21日の米株式市場で、石油・ガス会社のエナージェンが大幅高となり、71.72ドル(前日比+4.35ドル、+6.45%)で取引を終えた。
アクティビストの米ヘッジファンド、コーベックス・マネジメントと著名投資家カール・アイカーン氏は21日、エナージェンの買収に関心を示していることを明らかにした。アイカーン氏らはエナージェン株が過小評価されており、他社と共同で同社を買収することを検討する可能性を示唆した。

コーベックスの系列会社は保有するエナージェン株の200万株について、1株当たり64.84ドルでアイカーン氏の関連会社に売却することで合意した。アイカーン氏の関連会社はさらに200万株を1株当たり67.37ドルで買い増すことができ、これにより持ち株比率は最大で約4.1 %(合計400万株)となる可能性があるという。

エナージェンの2018年初からの値動き(QUICK Qr1多機能チャートより)

(本吉亮)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケッ
ト情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 迷走ゼロックス、一時10%安で52週安値を下回る

  2. メルカリさあ上場 初値に注目、LINEのIPOが参考に

  3. 新興国ETFからの流出20億ドル超 「中銀週間」、ドル高が逆風

  4. 一抜け、二抜け、そして迷路に取り残される日銀 

  5. メルカリあす上場 応募35倍の前人気

  6. 「利回りそこそこ・低ボラ」のバンクローン 超運用難で触手伸ばしているのは……

  7. ECB「半分ハト派」でも新興国売り 低金利継続が呼ぶドル高圧力じわり

  8. QE終了、注目は「いつ言うか」 きょうECB理事会、イタリア問題が喉元の骨

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP