HFが買いを増やした「F」、売りを増やした「AANG」 GS分析

ゴールドマン・サックスは18日付のリポートで、「2018年1~3月期(1Q)の期間中に買いを増やしたヘッジファンドの数が最も多かったのはフェイスブックだった」と指摘した。同社が米証券取引委員会(SEC)への届出書をもとに848のヘッジファンド(運用資産2兆3000億ドル、うちロングが1兆6000億ドルでショートが7020億ドル)を対象に調べた。それによれば、53のヘッジファンドがフェイスブックの新規の買いポジションを構築し、60のヘッジファンドが追加の買いを入れ、53のヘッジファンドは一部売却・完全売却に動いたという。

一方、売りを増やしたヘッジファンドの数が最も多かったのはアマゾン・ドットコム、次いでアップルだった。米検索大手グーグルの親会社であるアルファベットは9位、ネットフリックスは17位となっており、フェイスブックを除いてFAANG銘柄が売られやすい状況だったことが分かる。アップルに関してはiPhoneXの需要鈍化を受けて新型機種への期待も高まっていない状況だっただけに、既にヘッジファンドが買いを減らしたり、売りを増やしていたとすれば、今後の大きな混乱は見送られそうだ。

 

(片平正ニ)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. フェイスブックなどFANG売りの理由は? 注目リポートに税制改革も

  2. アップル・アマゾン最高値 大型IT株と金融環境指数の深い関係 

  3. 「AA」だけで190兆円、日本の上位30社分 走るアップルVS追うアマゾン

  4. 決算発表たけなわ、EPSは日米ともに歴史的な好調ぶり

  5. ESG投資、笛吹けど踊らぬアップルサプライヤー株

  6. アップル安⇔円安 綱引きの日本株

  7. 台湾のTSMCショック、アップル関連株を直撃

  8. ナスダック版「恐怖指数」のVXNが30に迫る アマゾン・インテルの下げ響く

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP