エヌビディアやシスコ……データ時代の勝ち組 モルガン・スタンレーが15銘柄選定

モルガン・スタンレーはデータ時代を制するIT大手15銘柄を選んだ。あらゆるモノがネットにつながるIoTや人工知能(AI)など複数の革新的技術が同時に台頭することに伴い、データの量と需要が飛躍的に増加。データ関連で強みを持つ企業の価値が高まると読む。モルガン・スタンレーMUFG証券の佐藤昌司アナリストは、「村田製作所(6981)など、一部の国内電子部品セクターもデータ時代の恩恵を受けるだろう」と話す。 

モルガン・スタンレーMUFG証券 佐藤昌司アナリスト

データ技術を支えるITの投資額が過去最大に

モルガン・スタンレーの調べによると、コンピューター関連のサイクルは10年周期で起きており、データを軸とした新たなサイクルが始まろうとしているという。今回の最大の特徴は、こうした循環的な要因に複数のデータ技術が台頭する構造的な要因が加わること。このため、スマートフォン(スマホ)などモバイルインターネットが台頭した前回のサイクルを大きく上回る市場規模に膨らむ可能性が高い。

データ技術を支えるIT投資も拡大し、2017年から今後10年間で1.6兆ドル(過去3サイクルの増加分は平均7400億ドル)と過去最大規模に達するとモルガン・スタンレーはみている。

 

エヌビディアやシスコシステムズに着目

 モルガン・スタンレーはデータ時代をけん引する分野として、①半導体、②ITインフラ、③AIおよびクラウド・ソリューションの3つに着目。エヌビディアやシスコシステムズ、マイクロソフトなど各分野で優位性を持つ15銘柄を選別した。「データそのものに付加価値があるとの見方から、③のアマゾンやアルファベットといったデータを活用する企業に目が向きがちで期待は高い株価バリエーションにも表れている。しかし、データ時代のポイントは半導体やITインフラと関連する産業の裾野が広いことだ」(佐藤氏)。

 

個別の部品・製品で日本企業にも勝機

 残念ながら国内電子部品セクターなどはリストに入っていない。その理由の一つは、事業の多角化に伴いデータ時代の恩恵を十分に受けにくい可能性があるからだ。ハードディスクドライブ(HDD)部品のサプライヤーであるTDK(6762)やミネベア(6479)、日本電産(6594)の場合、多角化により事業全体に占めるHDD関連部品の利益の比率が低下している。

 しかし、IoTやAI向けにバッテリー、センサーなどの部品を供給している村田製作所(6981)をはじめ、一部の部品や製品で高い競争力と世界シェアを持つ日本企業はメリットを得られると、佐藤氏はみている。ミネベアのミニチュアボールベアリングはデータセンターのHDDやクーリングファンに使用されているほか、太陽誘電(6976)はスマホの生産が足元で低迷したにも関わらず、データセンター向けのセラミックコンデンサーが好調で2018年3月期の業績が堅調だった。佐藤氏は「データ時代はとば口にある」と、データ関連銘柄の投資余地を示した。(根岸てるみ)

 

*モルガン・スタンレーのグローバル投資リポートについて

15銘柄は株式市場で影響力を持つモルガン・スタンレーのアナリストのケイティ・ヒューバティ氏や、佐藤氏らが選んで「The Data Era Becomes Investable(好機見え始めたデータ時代への投資)」と題した4月9日付のグローバルリポートで公表した。図表はすべて同リポートから引用。

同社のグローバルテクノロジーのアナリストは毎週1回、電話会議で情報を共有している。議論の中で浮かび上がった有望な投資テーマについては、世界各国で調査にあたるアナリストが協力してレポートを執筆し不定期で発行している。

「モルガン・スタンレーのリサーチは、そのグローバルなカバレッジ、協働を重視する文化、データ主導分析への持続的な投資などにより、MiFID II以降の環境においても競合他社と差別化できると考えている」(調査部グローバル・ヘッドのサイモン・バウンド氏)。

 

関連記事

  1. 【QUICK Forecast 企業業績】村田製とTDK、今期利益は会社予想から上振れ

  2. アルプス株、2つの追い風で一時7%高 統合メリット焦点に

  3. インパクト大の最高益銘柄 久しぶりの更新企業に関心

  4. アップル関連株、「親離れ度」で明暗 ショックから3カ月

  5. 台湾のTSMCショック、アップル関連株を直撃

  6. 【朝イチ便利帳】 20日 4月日銀会合の議事要旨 ソフトバンク株主総会

  7. 【朝イチ便利帳】 19日 メルカリ上場 月例経済報告 ソニー株主総会

  8. 【朝イチ便利帳】18日 5月の貿易統計、中国・香港・台湾など休場

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP