甦るテーパー・タントラムの記憶 今度の標的はインドネシアか

よみがえる2013年5月22日の記憶ーー。現在の状況は、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が量的金融緩和の縮小を示唆し、市場を混乱させた「テーパー・タントラム」の時と似ている。

アジアの新興国のなかでも米ドル建ての借り入れが多いインドネシアから、外国資本が流出するとの思惑が強まっているという。背景にあるのはファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)の弱さだが、これまで金融緩和の姿勢をとってきたインドネシア銀行(中央銀行)のアグス・マルトワルドジョ総裁の任期が5月に満了し、「タカ派」と目されるペリー・ワルジョ副総裁が次期総裁に就くことも売り材料視されている。景気減速と通貨安のなか、新総裁は難しいかじ取りを迫られることになりそうだ。

インドネシアの長期金利の上昇(債券価格の下落、グラフ赤)は海外投資家の売りが主因と指摘されており、財政赤字拡大を懸念した米ドルへの回帰との見方が有力だ。株(グラフ緑)と債券(赤)と通貨(青)のトリプル安という、スパイラル的な売りを仕掛けるのに格好の標的となっているようだ。(丹下智博)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. アジア諸国、守りの利上げ インドもインドネシアも景気より通貨下落防止

  2. メルカリさあ上場 初値に注目、LINEのIPOが参考に

  3. 新興国ETFからの流出20億ドル超 「中銀週間」、ドル高が逆風

  4. 一抜け、二抜け、そして迷路に取り残される日銀 

  5. メルカリあす上場 応募35倍の前人気

  6. 「利回りそこそこ・低ボラ」のバンクローン 超運用難で触手伸ばしているのは……

  7. ECB「半分ハト派」でも新興国売り 低金利継続が呼ぶドル高圧力じわり

  8. QE終了、注目は「いつ言うか」 きょうECB理事会、イタリア問題が喉元の骨

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP