ソニー決算「今期は減益」の予想も 試される画像センサー、PS4の底力

ソニー(6758)は27日、2018年3月期の連結決算(米国会計基準)と19年3月期の収益見通しを発表する。前期は半導体や映画、ゲーム、音楽などの採算改善で20年ぶりに営業最高益を更新したとみられるが、その高いハードルを越えて今期も増益を維持できるのかが焦点だ。一部では減益の予想もある。米アップルの「iPhoneX(テン)」の販売不振がスマートフォン向け画像センサー事業にどの程度影響するか。13年秋の発売から6期目を迎える家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の先行きは――。注目点を担当アナリストに聞いた。

■「画像センサーの落ち込みを他事業で補えるか疑問」

石野雅彦・東海東京調査センターシニアアナリスト

連結営業利益は18年3月期の会社予想の7200億円に対し、19年3月期は7000億円を下回りそうだ。前期に計上した(半導体事業の資産売却益など)500億円程度の一時利益を差し引いても、今期は営業減益になる可能性がある。前期の収益改善をけん引した半導体事業は、(中国などの)スマホ販売低迷で画像センサーの出荷が落ち込み、前の期に比べ下振れする余地が大きい。

半導体事業のうち、カメラの「目」にあたる画像センサーはスマホ向けが収益の大半を占めており、自動運転車向けの需要はまだ本格化していない。車の商品サイクルは5年程度とスマホに比べ長いため、短期的に車載用が部門のけん引役になるとは思えない。

売り上げ全体の約2割を占めるゲーム事業で、PS4はゲームの人気が持続するとされる発売後3~4年の期間を超えている。今期はハードの販売の落ち込みをソフトで補えるのかどうか不透明感が強い。映画事業についても今期はヒットするような作品が見当たらない。画像センサーの不振を他事業で補えるのか疑問だ。

これまで携帯事業を率いてきた十時裕樹氏が、4月に最高財務責任者(CFO)に就いた。ソニーはこれまで構造改革で不採算部門の切り離しなどを進めてきた。同氏が今回の決算記者会見で、採算の良くない携帯事業の戦略にどう言及するかに関心がある。

■「ゲーム事業、6年目のPS4に懸念」

小野雅弘・モルガン・スタンレーMUFG証券アナリスト

前期の連結営業利益は(会社予想を上回る)7524億円だったとみている。今期は6829億円と予想する。ゲーム事業のPS4は投入から6年目となり、販売の最盛期を越えたことによる影響を懸念している。ハードとソフトで安定的な収益を確保するのは難しそうだ。PS4向けソフト「モンスターハンター:ワールド」のヒットでハードの販売好調が続いた前期の再現は期待しづらい。

次世代の「PS5」の発売時期が未発表のなか、PS4を値下げして販売台数を確保する戦略をとるかもしれないが、採算が悪化する懸念がある。音楽事業は、前期にスマホゲーム「Fate/Grand Order」がヒットした反動が出るだろう。

半導体事業は、前期の一時利益を考慮した実質ベースで営業増益を維持するとみている。画像センサーはiPhoneXの販売不振の影響を受けるだろうが、アップル以外の高級スマホやデジカメ向けの需要が補い、全体では販売数量が伸び悩む程度ですむと予想する。

ソニーは(ハードの売り切りではなく、ソフト更新やサービス利用料で稼ぐ)リカーリング型の事業の拡大を進めている。例えばゲームソフトであり、カメラの交換レンズだ。株式市場では、リカーリングが軌道に乗れば3年後のソニーの営業利益は1兆円に達するとの予想もある。今月就任した吉田憲一郎・社長兼最高経営責任者(CEO)のもと、リカーリング事業でどの程度成果を上げられるか、市場の期待値は高まっている。

<連結業績(米国会計基準)の市場予想>
     2017年3月期実績   18年3月期   19年3月期
売上高    7兆6032億円  8兆5552億円  8兆7137億円
営業利益     2887億円    7312億円    7450億円
純利益        732億円    4812億円    4706億円
※23日時点のQUICKコンセンサス

 

【日経QUICKニュース(NQN) 大石祥代】

※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

関連記事

  1. 株、急伸後も上値追う海外投信 トレンド重視のCTA買いが追随

  2. 【朝イチ便利帳】 19日 メルカリ上場 月例経済報告 ソニー株主総会

  3. 国内株で最も見られたのはソニー QUICKアクセスランキング公開

  4. 新作ゲームソフトに株価材料てんこ盛り E3開幕、ソニーや任天堂に注目

  5. 【朝イチ便利帳】 22日 ソニーが中期経営計画、米韓首脳会談など

  6. インパクト大の最高益銘柄 久しぶりの更新企業に関心

  7. スマホゲーム、株価と連動するのはフォロワー数?課金セールス?

  8. ロシアの米国債保有額が半減 トランプ流外交、金融にしっぺ返し

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP