裁定買い残、2カ月半ぶり水準を回復 相場上昇に歩調合わせ

東京証券取引所が25日に発表した20日時点の裁定取引に係る現物ポジションは、売り残が6921億円(前週比624億円減)と3週連続の減少となった。買い残は1兆7705億円(同1623億円)で2週連続の増加となり2月上旬以来、約2か月半ぶりの水準を回復した。

 

4月3週(16~20日)の日経平均は上値追いの展開となり、4週連続の上昇となった。その前の週末13日に米英仏軍がシリアのアサド政権へのミサイル攻撃を行ったが、軍事行動が拡大せず、中東情勢を巡る不透明感が後退したとの見方が広がった。また、日米首脳会談が無難に通過したことなどを背景に日経平均は約1カ月半ぶりに2万2000円の大台を回復した。

相場の戻り歩調をそのまま反映する形で裁定買い残が増加したようだ。売り残は粛々とポジションの縮小が進んでいる。(本吉亮)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 裁定売り残が急減、7500億円台に SQで一部ポジション解消も

  2. 裁定ポジション、売り・買いともに減少 動意に乏しく

  3. 裁定買い残、相場の戻りと共に増加 売り残は最高を更新

  4. 裁定買い残が1年4か月ぶり低水準 売り残は1兆円の大台突破

  5. トヨタは必達目標、日本紙は努力目標? 業績予想にはクセがある

  6. 甦るテーパー・タントラムの記憶 今度の標的はインドネシアか

  7. ドル高、マネーは中小型株へ ラッセル2000が史上最高値【US Dashboard】

  8. 米長期金利3.1%台、利上げ加速を織り込む展開に【US Dashboard】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP